FC2ブログ
猫とワタシ

Mstyle

楽しいを選択した道

この記事のみを表示する以前 NHKで放送された マインドフルネスとは?

豆知識

最新の脳科学で「ストレス軽減」「集中力アップ」「自律神経回復」などの効果が実証され、アメリカではグーグルをはじめフェイスブックやインテル、マッキンゼーといった企業のほか、政府機関の研修でもマインドフルネスは取り入れられています。

また、小学校などの教育機関で積極的に取り入れた結果、子供たちのいじめや差別が減ったという報告もあります。

日本でもテレビや雑誌で特集されるなど、マインドフルネスはいま世界的に大きな注目を集めています。

マインドフルネスの意味
簡単に言うとマインドフルネスとは“今ここ”に集中している心のあり方のこと。

スポーツ選手が絶好調の時に「ゾーンに入った」という言い方をすることがありますが、その状態に近いと考えるとわかりやすいかもしれません。

雑念を持たず、リラックスして、ただ今だけに集中して研ぎ澄まされている状態。

無理していないのでストレスもありませんし、最も自分の力を発揮できる状態でもあるわけです。

一言で言うと「あれこれ考えすぎ」ている訳です。

すると、混乱して本質が見えなくなったり、否定的な声が大きくなってストレスが溜まったりして、パフォーマンスも下がってしまいます。

そんな精神状態を意識的に改善していこうとするものであり、リラックスしているのに感覚は鋭くなり、それまで振り回されていた漠然とした不安感がなくなり、精神的に安定した自分になることができるというものです。

マインドフルネスでよく用いられるのが瞑想です。

瞑想というのは古くから禅やヨガなどで行われていたものですが、マインドフルネス瞑想はそこから怪しげな精神性や宗教的な要素を取り除いたもので、誰でも気軽にできるのところにも大きな特徴です。

マインドフルネスの効果
集中力が高まる
雑念を捨てて今この瞬間に深く集中していくことを繰り返していくことで集中力が増していきます。

浄化されストレスが解消される
考えていることに飲み込まれることなく、それをただ観察していく時間を持つことで精神的・肉体的にも緊張が緩和されていきます。

洞察力直観力創造力が高まる
思考が整理されクリアになり、結果様々な能力が発揮されやすくなります。

よく眠れるようになる
呼吸を整えることで、交感神経と副交感神経のバランスが整い、体の緊張も緩和されていくためよく眠れるようになります。

マインドフルネス瞑想のやり方
マインドフルネス瞑想と言ってもあまり難しく考えることはありません。

やることはとても簡単で、誰でもすぐに実践できるのがその特徴です。

マインドフルネス


瞑想のやり方は「こころが軽くなる マインドフルネスの本」 吉田昌生著など、たくさん出版されています。

参考にして実践してみて下さい。

株式会社ムツコ

美容室iff

iff美容研究所

株式会社ムツコの宝地図セミナー

iffShop ヤフーショッピング











コメントの投稿

secret