FC2ブログ
猫とワタシ

Mstyle

楽しいを選択した道

この記事のみを表示する肩甲骨を動かして健康に!

健康

天使の羽
肩甲骨は、背中の上部、両側についている骨のことで「浮遊骨」と呼ばれ、背骨に直接くっついているので
はなく、筋肉で支えられており、別名「天使の羽」とも呼ばれています。

同じ姿勢を続けたり、運動不足などによって姿勢が悪くなっている方は、肩甲骨が体にしっかりくっついている状態に。

肩甲骨が柔軟だと何が良い?
◇肩こりが減る
肩こりの人は肩甲骨の動きが悪い人が多く、肩甲骨周辺の筋肉が緩んでいれば、肩周辺の筋肉が無理に引っ張られること
もなくなり、肩こりが軽くなるでしょう。

◇首の柔軟性が上がる
首の柔軟性は、首を支えている周辺の筋肉の柔らかさに左右されます。

肩が丸まると、下を向いてしまうのも、周辺がつながっているからです。

◇目の疲れが軽くなる
目の疲れと首こり・肩こりが同時に起こることを考えても、目と首・肩・肩甲骨の関係は深いです。

◇肩の力を抜きやすい
肩周辺が強ばっている時「肩の力を抜く」と言いますが、肩甲骨周辺の筋肉が緩むと肩の力を抜くことにつながります。

◇上半身が柔軟になる
肩甲骨が柔軟になり、動きが良くなると、上半身の柔軟性が高まって、全体の動きの向上に役立ちます。

ダイエットにも効果的
肩甲骨とその周辺には、脂肪を燃やしやすくする褐色脂肪細胞があり、この細胞は、食事で摂取したカロリーをエネルギーとして放出させる働きがあります。

肩甲骨を動かすことで褐色脂肪細胞を活発にし、脂肪を燃やしやすい体になります。

また、肩甲骨を動かすことで、リンパの流れが良くなり、むくみやセルライトを取り除く効果もあります。

簡単にできる肩甲骨ストレッチ
肩甲骨を意識して動かしましょう。

適度に動かしてあげると、肩甲骨周りが柔軟になり、血流が良くなり、こる事が少なくなるので、時間があるときに肩甲骨を動かすようにしましょう。

〈上方向への動き〉
①脚を肩幅くらいに開いて立ち(椅子に浅く腰掛けて行っても良い)、息を吸いながら腕を上げ、頭の上で手のひらを合わせ、ひじ
を寄せながら上の方へ伸ばす。

②吐きながらゆっくり下ろす。

〈中央に寄せる動き〉
①後ろで手の平を合せて指を組み、息を吸いながらひじをグーと伸ばして左右の腕を近づけるよう
にする。

②息を吐きながらひじを緩めて腕の力を抜く。

参考まで

株式会社ムツコ

美容室iff

iff美容研究所

株式会社ムツコの宝地図セミナー

iffShop ヤフーショッピング











コメントの投稿

secret