FC2ブログ
猫とワタシ

Mstyle

楽しいを選択した道

この記事のみを表示する夫婦の取扱説明書 妻の教訓(1)

豆知識

何も言わなくても、こちらの気持ちを察して優しい言葉をかけ、行動する。

これを女性は「思いやり」と呼ぶ。

女性にとって「思いやり」は相手に対する「愛」である。

だから夫に対しても日頃から「思いやり」を発動する愛は、当然夫からも「思いやり」を期待する。

しかし残念なことに、男性脳にはこの機能が備わっていない。

標準装備ではなく、経験や学習によって手に入れるオプション機能だ。

したがって「思いやり」で夫の愛を図ろうとする妻は自滅する。

「愛と思いやり」は女性脳のそれと全く違っているので、女性にとっては「愛されていない」「思いやりがない」ように見える。

男性脳から発する言葉は、女性脳を傷つけ、不機嫌にさせ、悲しませる。

しかしその言動は男が男たる「ゆえん」なのだ。

正義感や冒険心などの男気や客観性の高さ、フェアな精神、科学技術の高い能力を発揮するために、必要不可欠な能力なのである。

男性脳は女性の方が望むようにはなれないし、もしも望み通りにしようと矯正すれば、これらの能力を失ってしまう。

矛盾するようだが妻たちが愛に飢えないためには、男性脳を理解し、その気の利かなさを許し、男性脳をそのまま愛するしかない。

男性脳の最大の特徴は、右脳と左脳の連携が悪いことにある。

右脳と左脳をつなぐ神経回路の束が、女性脳に比べて細いのが原因だ。

出典:定年夫婦のトリセツ 黒川伊保子著

参考まで


株式会社ムツコ

美容室iff

イフ(iff)

iff美容研究所






















コメントの投稿

secret