FC2ブログ
猫とワタシ

Mstyle

楽しいを選択した道

この記事のみを表示する市販品での白髪染めは「要注意」(1)

美容・健康

白髪染め剤にはたくさんの化学染料が使われています。

化学染料を使うことで、染まりや色持ちはよくというメリットもあるため、ゼロにすることはできません。

でも、その化学染料には刺激が少ないものから、刺激が強く、発がん性があるものやアレルギー症状を引き起こしやすいものまであり、その危険性から海外では使用禁止されている成分もあります。

アレルギー症状は、はじめは頭皮がピリピリしたりかゆみ赤みが出たりする程度のことが多いですが、回数を重ねるごとに症状が重くなるという特徴があります。

顔が腫れ上がったり、体中に湿疹やかゆみ、赤みが出たらすぐに病院に行きましょう。

そのまま使い続けると、アナフィラキシーショックによる呼吸困難や血圧の低下、意識障害などの重篤な症状に陥ってしまう危険性もあります。

白髪染めに含まれる危険な成分はどのような物があるのでしょうか?
アレルギーを起こしやすいジアミン系
白髪染めに含まれる化学染料の中でも特に注意が必要なのがジアミン系の成分です。

ジアミン系の成分は染まりや色持ちがよいので白髪染めで重宝される成分ですが、アレルギーを起こしやすく、発がん性が指摘されている成分でもあり、海外では使用禁止されているところもあります。

ジアミン系の成分が染料には、パレフェニレンジアミン、硫酸トルエン-2.5-ジアミン、パラトルエンジアミン、オルトフェニレンジアミンなどがあります。

参考まで


株式会社ムツコ

美容室iff

イフ(iff)

iff美容研究所






















コメントの投稿

secret