FC2ブログ
猫とワタシ

Mstyle

楽しいを選択した道

この記事のみを表示する髪の水分超吸水

美容

ヘアドライタオルとは
髪の毛を乾かすために使うタオルです。通常のタオルよりも、吸収性が良い素材を使用したり、形状を工夫することで、髪の毛をより早く乾かすことができます。
髪の毛を摩擦から守ってくれるのと同時に、ドライヤーの時間も短縮でき、髪のダメージを軽減することができます。
また、お風呂やプールの後すぐに髪の毛を乾かせない場合でも、ヘアドライタオルを使うことによって頭が冷えるのを防いでくれる役割もあります。

ヘアドライタオルの種類と特徴
ヘアドライタオルは、タオルの形状によって3つに分けることができます。
それぞれの特徴をご紹介します。

タオルタイプ
普段使うフェイスタオルのような形です。
形は通常のタオルですが、吸収力が良いです。
頭に巻いて使う以外にも体を拭くのに使えるので、洗濯が1枚で済むのもうれしいです。
たためばコンパクトになるので持ち運びの際も荷物が小さくまとまります。

ヘアバンドタイプ
ヘアバンドのような形で髪全体を包むことはできないタイプです。
ショートヘアなどキャップまでは必要ない方におすすめです。
かわいらしいデザインでメイク中の髪の毛をまとめておくのも活躍してくれます。

キャップタイプ
お風呂上りにサッと被るだけでタオルドライができます。
ドライヤーの時間がないときや子供のプールの後に使うのがおすすめです。

ヘアドライタオルの選び方
吸水量がどれくらいか?
せっかく購入するタオルなら、早く乾かすためにも吸水量が多いものを選びたいですよね。
説明書や口コミを参考に吸水量をチェックしてみましょう。

吸収率の高いものならタオルで髪をこすることも少なくなり、ドライヤーの熱を当てる時間も少なくなりますので、ダメージを受けにくくなります。

髪の長さに合ったサイズを選ぶ
タオルの大きさは、髪の量に合わせて選びましょう。
ロングヘアの方はキャップや大きめのタオル、ショートヘアの方はコンパクトなタオルやヘアバンドを選ぶのがおすすめです。

髪のやさしい素材をチェック
綿よりも吸収性が良いマイクロファイバーのアイテムが多く販売されていますが、自然素材でも織り方に工夫することで、吸収力をあげているアイテムもあります。
赤ちゃんや肌が弱い方には、自然素材の綿100%のタオルもおすすめです。

参考まで


株式会社ムツコ

美容室iff

イフ(iff)

iff美容研究所
























コメントの投稿

secret