猫とワタシ

Mstyle

楽しいを選択した道

この記事のみを表示するシンクロ 井村コーチの部下を成長させる極意(2)

豆知識

叱るときは「三点セット」で叱る
テレビなどで選手たちを叱るシーンばかり映されているせいか、私は「叱る」代表のように思われているようです。

自分では叱っている感覚はなく本当のことを言っているだけだと思っています。叱っているのではなく

①「選手の悪い所をはっきり指摘している」のです。そして本当の事を指摘する。

②「必ず悪い所を直す方法を伝える」ことが必要です。伝えなくては、叱られっぱなし自信をなくしっぱなしになってしまいます。
  人は失敗すると自信をなくしますが、そこから這い上がった時に自信を得るのです。
  私は、直し方を言ってすぐ直らなくてもその選手が駄目だとは思いません。
  叱った後は、手を替え品を替え色々な方法を伝えていかなくてはなりません。

③「直せたかどうかを確認する」です。改善できたかどうか確かめるのは口で言うほど簡単ではありません。
  できるようになるまでやり続けなくてはならないからです。 
  何回もやってもできないと、私の教え方が悪いんじやないかと迷いがでてきます。
  私も一生懸命やっている選手を見るとかわいそうになってもうこの辺でいいかという気持ちが起こってきます。
  しかし、ここでやめてしまうと結局は選手の為になりません。
  私は選手とではなく妥協したくなる自分と戦うのです。


出典:井村雅代コーチの結果を出す力
    あと「1ミリの努力」で限界を超える


参考まで



株式会社ムツコ

美容室iff

イフ(iff)

iff美容研究所





















コメントの投稿

secret