猫とワタシ

Mstyle

楽しいを選択した道

この記事のみを表示する子供も新入社員も「叱り方」は同じ!叱る前に押さえたい!2つのポイント(1)

豆知識

ただ感情的に叱っても子供には伝わりません。叱る前にまず深呼吸。

ポイント1 子供の話をよく聴く
この年代の男の子は、だんだん自我が育ち、子供なりのプライドもあります。
一方的に叱られたのでは、素直に受け入れることができません。

頭ごなしに叱るのではなく、まずは子供の話をよく聴くことが大切です。
きっぱりと「~してほしい」「~するのはどう?」と伝えたうえで、次に「あなたはどう思う?」「どうしたいの?」と、子供の気持ちや考えを聴きます。

聴いてもらうことで、自分の言動を振り返ることができますし、自分の導き出した答えを受け入れやすくまります。
親から尊重されていると感じることで、自分の言動に対する責任感が育つのです。

ポイント2 届けたいメッセージをシンプルに伝える
叱るとは、自分の価値観を相手に真剣に伝えようとする行為です。

叱る始める前に、ひと呼吸置いて「今、何を伝えたくて叱ろうとしているのか?」と自分に問いかけてみましょう。
あなた自身でも分かっていないメッセージが子供に届くはずもありません。

その上でどんなふうに語りかければ、メッセージが伝わるかを考えてみましょう。
メッセージはシンプルにわかりやすく。

多くのことをあれこれと要求しても効果はありません。
叱る内容に優先順位を付け「一度にひとつ」と決め、伝えたいメッセージを子供が理解できるよう、端的に伝えます。


参考まで


株式会社ムツコ

美容室iff

イフ(iff)

iff美容研究所























コメントの投稿

secret