FC2ブログ
猫とワタシ

Mstyle

楽しいを選択した道

この記事のみを表示する美しく豊かな髪を育てるための「ブラッシング」(3)

美容

ブラッシングをやってはいけない時って?

頭皮にかゆみや湿疹があるとき、日焼けなどで頭皮の髪のダメージが大きい時は、ブラッシングは控えましょう。

また、かなり髪が濡れた状態でのブラッシングも、キューティクルを傷めるのでやめてください。

ブラッシングのお手入れはどうすればいい?
シャンプーを溶かしためるま湯の中で、軽く動かしながら汚れを落とします。

十分にすすいだ後、柄の部分の水分を拭き取り、毛の部分を下にして乾いたタオルの上に置いておきます。

正しいブラッシング法をマスターしましょう。
誤ったブラッシングは、髪を傷めるだけでなく、毛根に負担をかけて抜け毛を促進させていきます。

髪・頭皮ケア方には個人差があります。
正しいブラッシングの方法やブラシ選びは、あなたの髪・頭皮の状態を考慮し、あなたにピッタリ合ったブラッシング法とブラシ選びをお伝えします。


参考まで



株式会社ムツコ

美容室iff

美容室iff(クセストパー®)

美容室iff( CTFカラー® お茶カラー)

イフ(iff)

iff美容研究所























コメントの投稿

secret