猫とワタシ

Mstyle

楽しいを選択した道

この記事のみを表示する「癖・量」を知って楽しい飲み方を(1)

豆知識

「二日酔いで、頭が痛い」「昨日飲みすぎて、食欲がない」こんな経験をしたことがある人もいるでしょう。

その場がいくらたのしくても、次の日気分が優れなくなるまで飲んでしまうのは「自分をいたわっていない」飲み方です。

ストレスを発散したかったのに、逆に自分の内臓にストレスをかけていたなんて、とてもナンセンス。

だからこそ、アルコールに負けない飲み方をしましょう。

まず自分の「飲み癖」を把握します。

「ワインならいくらでも飲めるのに、日本酒を飲むとすぐに酔ってしまう」「白ワインしか受けつけない」といった自己認識が第一段階です。

一般に「お酒が飲める人」などといいますが、お酒の種類によって合う、合わないがあります。

また、その日の体調によって許容範囲は変わります。

体調との兼ね合いも含め、自分の飲み癖を把握しておくことが大切です。

それでも飲みすぎたり、悪酔いしたりするのは、自分の飲める量に意識が向いていないせいだと考えられます。

自分のお酒のリズムを普段から意識し、把握しておけば、その「一口」をやめておこうとか、あと3口くらいは元気に飲める、などわかるようになります。


参考まで



株式会社ムツコ

美容室iff

イフ(iff)

iff美容研究所

iff楽天市場店

iffヤフーショッピング店

iffAmazon店

























コメントの投稿

secret