FC2ブログ
猫とワタシ

Mstyle

楽しいを選択した道

この記事のみを表示する衣替え… その後が大変! 収納グッズは目的に合わせて選びましょう!

豆知識

限られた収納スペースに上手に収めるには収納ケースの選択は重要なポイントです。

収納場所に合った収納ケースを選び、相性のいいアイテムを入れましょう。
収納
着る頻度が高いアイテムは「引き出しケース」
出し入れがしやすいので、着る頻度の高いアイテム向き。

同じ型の引き出しケースをそろえておけば、中身の引き出しを入れ替えるだけ衣替えができて便利です。

浅い引き出しは下着やソックスなど小さなアイテム向き。

深い引き出しはTシャツ、ニットなどの普段よく着るシャツ類、ジーンズなどのパンツ類を入れるのに適しています。

高い位置への収納は「布製ケース」
ケース自体が軽く傷みにくいので、出番の少ないもの、季節はずれのものを入れ、天袋や整理ダンスの上など高い位置へ収納するのに適しています。

紙製の衣装ケースも軽いですが、出し入れを繰り返すと変形したり傷みやすくなる難点があります。

たくさんしまおうと大きなサイズを選ぶと、重量がかさんで持ち運びが大変になり、からだへの負担も大きくなってしまいます。

出し入れのしやすさを優先し、小さいサイズを2個選ぶようにしましょう。

室内に置くならストレージボックス(折りたためる収納ケース)
どうしても収納スペースにおさまらず、部屋の片隅など目に見えるところに収納ケースを置かざるを得ない場合は、フタつきで見栄えの良いストレージボックスを使いましょう。

使わない時は、折りたたんでしまえます。

積み上げ収納は「プラスチックケースふた付」
プラスチックケースは頑丈なので、積み上げ収納

向き。使用頻度の低いものをいれましょう。

透明になっているタイプを選べば、中身が見えるので何が入っているかひと目でわかって便利です。

大きくて重い衣類は「キャスター付きケース」
押し入れなど奥行きのある場所にしまうのに適しています。

キャスター付きなのでスムーズに出し入れできます。大きくて重みのある衣類向きです。

小分け収納に便利「風呂敷
収納ケースの中でさらに小分けしたいときに便利。

チーム分けした服をさらに色、素材、袖の長さなどごとにまとめておくと、風呂敷ごと簡単に入れ替えができます。

また、奥行きのある引き出しケースにまとめて収納する場合、奥に風呂敷で包んだオフシーズンの服、手前にオンシーズンの服と分けて!

参考まで

株式会社ムツコ

美容室iff

iff美容研究所

株式会社ムツコの宝地図セミナー

iffShop ヤフーショッピング






関連記事