FC2ブログ
猫とワタシ

Mstyle

楽しいを選択した道

この記事のみを表示する会社でうまくやるコツ!

豆知識

愛されるハゲと愛されないハゲ」
飲み会に行って初対面で、明らかにカツラな人がいるとします。

みんなが気になっていて、緊張感が途切れないまま、場が進んでいきます。

でもいきなり、その当人が「いやー、みなさん気づいていると思うけどカツラです~ッ」なんて言ってくれると、もう、いきなり愛されますよね。

この人には何を言ってもいいんだ、というオープンな気持ちになります。

コンプレックスについては、カミングアウトするかしないかで、その人のおもしろさの度量が見えます。

別に笑いをとりたくなかったらやらなくていいんですが「きっとこの人は、それをコンプレックスに思っているんだろうなあ~」と周囲が感じていることを、先回りして言ってくれると、場はリラックスします。

さらに「ツッコんでいいよ~」という場を作ってくれていることにもなるので、その場に必要な存在になります。

太っている人も、それで自分のことを恥じていると、周囲はそれを察して引いてしまうことがありますが「オレ太ってるけど、食べるのが大好きでさ」なんて言われると、かえって健康的に見えることすらありますよね。

恥ずかしがったり隠されてたりしていると、場が緊張するものなんです。

ただ臭いに関するものだけはだめです。

臭いは生理的な部分なので、笑いにはなりません。

ご注意を・・・

職場愛されるコツとは?
会社で愛されるコツは「上にはツッコんで、下にはボケる」です。

上司に「コイツおもしろいやつだな」と思われたいのなら、ある程度ヤンチャを装うことです。

会社なら「言いたいことを言う」っていうスタンスですね。

たとえば上司が「最近、うまくいかない」と言ったときに「ゴルフのお話ですか?夫婦関係のお話ですか?」と、ぱっと返せるか。

そこで「それは言うなよ」みたいに明るく言える上司ならいいんですが、ムッとされると終わりですよね。

上司のタイプは見極めないといけません。

ただ、ひとつ言えるのは、上からかわいがられる人っていうのは、基本的には「ものを言う人」なんです。

しかも「ものを言う部下」をかわいがる上司というのは、能力がある人であることが多く、おべんちゃらを言う部下ばかりかわいがる上司というのは、基本的には能力がないんです。

できる上司としても、ある程度場を読んだ上で、ツッコミを入れたり「僕はこうだと思います」と自分の意見を言える人は「おもしろい」「あの人はおもしろいから」って、どこかで抜擢してくれる可能性があるわけです。

一度「おもしろい」スタンスをとったら、仕事やプライベートにも波及します。

逆に仕事で「おべんちゃらばっかり言って耐える」というふうになると、他のところでも「おもしろい人間」にはなれません。

組織とか上司との折り合いなど、色々あると思いますが、自分の意見を言う人って誰かが必ず見ていてくれると思います。

参考まで


株式会社ムツコ

美容室iff

iff美容研究所

株式会社ムツコの宝地図セミナー

iffShop ヤフーショッピング









関連記事