FC2ブログ
猫とワタシ

Mstyle

楽しいを選択した道

この記事のみを表示する“お正月太り解消は、今月中に!

美容・健康

正月に太ってしまった方は、どうしたら良いのでしょうか? 答えは簡単。

「いますぐ調整して痩せる」に限ります。

今日食べたものが、明日の脂肪になるわけではないのはご存知ですよね?

ダイエット中のカロリー計算は1日単位ではなく、3日単位で考えろ」とも言います。

今日食べ過ぎても明日食べるのを我慢すれば“プラマイゼロ”にできるのです。

脂肪になってしまったら、痩せるのってとっても大変べだからこそ、先週一週間で食べ過ぎてしまった場合、今週一週間で、調整し、“プラマイゼロ”にしてしまいましょう!

満腹でない状態で寝る
・長時間寝る一見、寝る間を惜しんで運動をした方が、痩せそうな気がするけれど、睡眠中は立派なカロリー消費タイムです。

寝ているだけで痩せられるなんて、とっても素敵だと思いませんか?睡眠時のカロリー消費効率を上げるために
・満腹でない状態で寝る
・しっかり、まとまった時間眠る
ことが大切。

仕事で、朝起きる時間は決まっているため、夜早く寝ることが重要です。

早い時間に食べる・食べ過ぎない
炭水化物カット

ダイエットをもっとも効果的、かつノーストレスで行うためには、3食のうち夕食を調節するのがおすすめ。

18時以降食べないダイエットが存在するように、夜遅くに食べ過ぎてはいけません。

また夜のご飯は、あまり食べ過ぎず、3食のうち、もっとも少ない量を食べるつもりで過ごしましょう。

満腹状態で睡眠をすると、消化不良を起こす可能があるので、早い時間からしっかり眠るためにも必ず守って。

一般的に「これから活動する朝昼」よりも「活動をしない夕方」の食事を控えめにすることで、太りにくくなると言われています。

そこで、夕飯のみ炭水化物や糖質を減らすなどしてみましょう。

朝昼は自由に食事のチョイスができるため、食事制限がつらく感じないはずです。

無酸素運動をする・湯船に浸かる
白湯を飲む


消費カロリーのアップに欠かせないのは、代謝を上げること。

代謝アップに向いている運動は、ジョギングなどの有酸素運動ではなく、筋トレのような無酸素運動です。

室内でできる腹筋運動等であれば、寒い季節でもできるはず。

身体を温めることも代謝アップには欠かせません。

毎日湯船に浸かり身体を温めるようにし、飲み物は、常温か温かいものをチョイス。

無駄なカロリーと糖分を摂取しない意味も込め、喉が渇いたら白湯を飲むようにして…

正月に太った分は、今リセットすれば、簡単に元の体重に戻すことができます。

つら過ぎる“ダイエット”をしたくないのであれば、少し調整をすることで、太った状態を長引かせないのがおすすめですよ。

参考まで


息スッキリ ハッピネス "気になる(ニオイ)の方に!

株式会社ムツコ

美容室iff

iff美容研究所

株式会社ムツコの宝地図セミナー

iffShop ヤフーショッピング






















関連記事