FC2ブログ
猫とワタシ

Mstyle

楽しいを選択した道

この記事のみを表示する真夏のクーラー冷え対策(1)

美容・健康

外は暑い、室内は寒い日本の夏
「夏」冷えの原因のひとつは冷房

冷房が効いた場所に長時間いることで、体は芯から冷えます。

他にもコンビニやスーパーなど、街の至る所がキンキンに冷えている状態です。

さらに、夏の食事にも冷える原因がたくさんあります。

冷たい食事に飲み物、おやつにアイスクリーム、夜はビールと1日を通して冷たい物をとる機会が増えます。

このように夏は、冷える原因がたくさん、もはや私たちは生活は冷えて当然といえます。

冷房や冷たいもので冷えるとカラダはどうなるのか?
冷えとは、手足やお腹、腰など、カラダが、「冷たい」「寒い」と感じること。

冷房の効いた室内に長時間いるとカラダは体温を維持しようとして血管は収縮します。

そのため、血液の巡りが悪くなり、カラダの手足から冷えています。

また、外の暑さと冷房の効いた室内との温度差が大きいとカラダはうまく対応しきれず、自律神経が乱れ、血管の巡りが悪くなり、カラダの手足から冷えていきます。

暑いときに美味しい、冷たい食べ物や飲み物ですが、これが冷えの大敵。

氷入りのドリンクなど、冷たい物をとった場合、約37℃であるはずの内臓が一気に冷えてしまい、その冷えた内臓を温め直すには大変なエネルギーと時間が必要になるのです。

内臓が冷えると下痢しやすくなります。

暑い夏におなかの調子が悪くなる人が多いのはそのためです。

冷えの自覚は男性よりも女性に多く、20才以上から年齢が上がるほど多くなります。

冷房や冷たい物など、夏の生活に入り込んだ冷えの原因も少しの意識でカラダはみるみる温まっていきます。

参考まで


株式会社ムツコ

美容室iff

イフ(iff)

iff美容研究所

株式会社ムツコの宝地図セミナー
























関連記事