FC2ブログ
猫とワタシ

Mstyle

楽しいを選択した道

この記事のみを表示するかぼちゃと牛肉のポン酢炒め!

豆知識

材料(2人分)
牛肉(薄切りとか切り落とし) 120g
かぼちゃ 150g
小麦粉 大さじ 1
葉ねぎ 適量

◎合わせ調味料
ポン酢 大さじ 3
砂糖 小さじ 2
しょう油 大さじ 1

作り方
1、牛肉に小麦粉をまんべんなくつけておく。
2、かぼちゃは薄切りにして、2分レンジにかけてやわらかくしておく。
3、油を熱したフライパンに牛肉を入れ炒め、牛肉の色が変わったら、かぼちゃを入れ炒める。
4、すぐに煮詰まってしまわないように一旦火を止めて合わせ調味料を入れ、再度火をつけて合わせ調味料を絡ませる。

参考まで


株式会社ムツコ

美容室iff

イフ(iff)

iff美容研究所























関連記事

この記事のみを表示する2018年はスズメバチ大発生 刺される危険 大!

豆知識

ハチと遭遇しても大きな音を立てない
ハチは大きな音や激しい動きを感じ取った時、攻撃態勢に移ります。

ハチを見たら叫んで逃げ出したくなる気持ちも分かりますが、絶対に大声を出してはダメ。ぐっとこらえましょう。

また自分を中心にスズメバチが周囲を飛び回っている時は警戒さてれる証拠ですので、静かにその場でやりすごしましょう。

黒い服装より白い服装を選ぶ
ハチには「黒・赤・青などの濃い色に攻撃性を示す」という習性があります。

ハチから攻撃されないために、濃い色服装は避けるようにしましょう。

特に黒い色には激しく反応しますので、黒とは対局にある白系統で、なるべく薄い色の服装を選びましょう。

髪の毛も黒色として攻撃対象になるため、明るい色の帽子を被るのもオススメです。

近づかれたも手やタオルで払わない
蚊を手ではらって遠ざけるのと同じ感覚で、ハチをはらって遠ざけようとするのは大変危険な行為です。

ハチは、横からの動きに敏感に反応し、自分が襲われると考え、さらに攻撃的になります。

ハチが近づいてきたらそっと距離をとりましょう。

「カチ、カチ」と聞こえたら危険
スズメバチの鳴らす「カチ、カチ」という音は威嚇音です。

こと威嚇音が聞こえた時には、ハチはあなたの事を敵とみなしています。

ハチを刺激しないように、じっとしているか、ゆっくり巣とはとは逆方向に後ずさりして立ち去りましょう。

参考まで


株式会社ムツコ

美容室iff

イフ(iff)

iff美容研究所

























関連記事

この記事のみを表示する9月といえば・・・

豆知識

防災の日 9月1日
1923年(大正12年)9月1日に起こった関東大震災と台風が襲ってくると、昔から言い伝えられている二百十日にちなんで、1960年(昭和35年)に設定された。

今年は大きな災害が続発しています。

災害意識を再確認し、突然襲ってくる災害にもあわてずに対処できるように心がけたいものですね。

秋分の日
2018年は9月24日が中秋の名月、翌25日が満月の日付が1日ずれています。

正式には「中秋の名月」
別名「十五夜」と言います。

ススキを飾り、お月見団子をお供えして、夜空に浮かぶ綺麗な月を眺めるのです。

中秋の名月の日は、なぜお団子をお供えして月を見るのかご存知ですか?

実は明確な意味はよくわかっていません。

中国でその時期に収穫祭が行なわれたことが日本にも伝わり、今の形になったとされる説が有力とされているので「秋の収穫に感謝するため」だそうです。

秋の七草
萩・すすき・葛・撫子・桔梗・女郎花・藤袴 春の七草はお粥としてたべますが、秋の七草は食べることはなく、鑑賞用として秋の風情を感じ楽しむことが目的です。

参考まで


株式会社ムツコ

美容室iff

イフ(iff)

iff美容研究所























関連記事

この記事のみを表示する夏太りを解消する!(3)

美容・健康

秋バテを防ぐためには冷たい食べ物をなるべく避けて、温かいものを飲んだり食べたりするように心がけましょう。
日頃から体を温める温活は必要です。
食べるときはゆっくりとしっかり、よく噛んで食べることも大切です。

食欲が落ちた時は量よりも質を大切にして、食べたくない時は無理に食べないという選択肢も必要です。

夏場は避けていた運動も秋になったら適度にやるようにしたほうがいいでしょう。

体がかたくなると呼吸を浅くなる傾向があるので、気がついた時に深呼吸をするといいですよ。

9月も終わりになる頃には天気のいい昼間は暑くても、朝晩は冷え込むようになりますから服装にも気をつけたいですね。

参考まで


株式会社ムツコ

美容室iff

イフ(iff)

iff美容研究所
























関連記事

この記事のみを表示する夏太りを解消する!(2)

美容・健康

夏太りと秋バテ
夏太りと秋ばてがセットになっていることもありますよね。

夏前より太ってしまったのに、秋に食欲が落ちても体重が減らない・・・
代謝が落ちているので、当然、免疫力も下がり、風邪などをひくと長引いたりするようになります。

毎日、冷房の効いた部屋と外で10°以上の寒暖差を経験していると自律神経の失調につながります。

さらに秋になると長雨と台風が多くなり、気温が乱れやすいため、めまい、頭痛、食欲不振など、さまざまな体調不良を起こしやすくなりますね。

まだ残暑の時期だからと、湯船にも浸からずにシャワーだけですませていると冷えの解消もできず、基礎代謝がおちたままになってしまいます。

だるさが抜けず、疲れやすくなって、集中力も低下しますよね。

参考まで


株式会社ムツコ

美容室iff

イフ(iff)

iff美容研究所






















関連記事

この記事のみを表示する夏太りを解消する!(1)

美容・健康

夏太りをそのまま放って置くと、秋から冬にかけてされに太る可能性もあります。
夏太りを解消する方法
むくみが原因なら野菜や果物を多く摂る
※野菜や果物に含まれるカリウムが不足しがちになるため

冷えの解消
※冷房で足腰が冷えないようにひざ掛けなどを利用して防ぐ
※お風呂はシャワーだけで済まさずに、ぬるめの温度の湯船にしっかり浸かる
※冷えやすい手先や足などのマッサージをする(ひろのぱ体操など)

糖質をとり過ぎない
※バランスの良い食事内容を心がける
※しっかり噛んで食べるようにする
※よく噛むとエネルギー消費率が上がり、カロリーの燃焼率が1割くらい上がります。

基礎代謝を上げるストレッチなどをする
※ストレッチで筋肉の緊張をとって、代謝をよくする
※かたい筋肉のままだと太りやすくなる

自律神経を整えるために、規則正しい生活をする

質の良い睡眠をとるように心がける
※睡眠不足は基礎代謝の低下に繋がります。

参考まで


株式会社ムツコ

美容室iff

イフ(iff)

iff美容研究所
























関連記事