FC2ブログ
猫とワタシ

Mstyle

楽しいを選択した道

この記事のみを表示する涙の味は気持ちで変わる あなたの涙はどんな味?

豆知識

辛い時や悲しい時、悔しい時、または嬉しい時や感動したときにポロリとこぼれ落ちる涙。

感情の違いによって、涙の味や成分に違いがあるということをご存じですか?

これを知れば、ウソ泣きを見破れるかも(笑)

私たちの体には心身の活動を促す神経の副交感神経があります。

悔しさや怒りの涙
悔しい時や怒りが収まらないときは、感情がぐんと高まり、興奮して鼻息も荒くなります。

つまり交感神経が優位の状態。

すると体内では自律神経バランスを図ろうとして、一時的に副交感神経が優位となり涙が流れます。

ただし、どちらかというと交感神経が優位のためその働きによって、腎臓のナトリウム排泄が抑制され、体液のナトリウム濃度が上がり「塩辛い味」に。

また、交感神経が優位の涙の量はとても少ないので、ナトリウムは濃いままです。

喜びや悲しみの涙
心身ともにリラックスしたり、力がぬけるような感覚なので、副交感神経が優位の状態。

交感神経と副交感神経は拮抗的な働きをしますので、腎臓のナトリウムが抑制されることはなく、体液のナトリウム濃度が上がることはありません。

基本的に副交感神経が優位なので涙はあふれるように出てきます。

量が多い分、濃度も薄くなるので「水っぽい味」となるのです。


参考まで



株式会社ムツコ

美容室iff

イフ(iff)

iff美容研究所
























関連記事