FC2ブログ
猫とワタシ

Mstyle

楽しいを選択した道

この記事のみを表示する体が温まる 和風ポトフ

美容・健康

材料(4人分)
・豚肩ロース(塊)・・・400g
 (粗塩大さじ1/2 砂糖大さじ1/4)
・大根・・・300g
・人参・・・1本(200g)
・ごぼう・・・1/2(100g)
・れんこん・・・200g
・粗びき黒こしょう、柚子こしょうなど適量

作り方
1、豚肉は4等分に切る。
  粗塩と砂糖を混ぜて豚肉にまぶし、1時間以上、できれば一晩(塩がまわったら冷蔵庫に入れる)おいてなじませ、塩豚にする。

2、根菜類はそれぞれよく洗い、皮つきのまま使う。
  大根は4等分の輪切りまたは半月に切りにする。
  人参は縦4つ割りにする。
  ごぼうは長さを4等分に切り、さっと水にさらす。
  れんこんは4等分の半月に切り、さっと水にさらす。

3、鍋に(1)の塩豚を入れ、水8~10カップ(入りきらなければ途中で足してもよい)を加えて火にかける。
  煮立ったら中火にし、アクをとりまがら30分煮る。

4、(3)に大根、人参、ごぼう、れんこんを加え、弱めの中火にして約30分煮る。
  煮上がりは煮汁がヒタヒタになるようにし、味をみて塩味が足りなければ粗塩少々を加える。

5、器に煮汁とともに盛り、粗びき黒こしょうや柚子こしょうを添える。

参考まで



株式会社ムツコ

美容室iff

イフ(iff)

iff美容研究所











関連記事

この記事のみを表示する簡単ストレッチで冷え対策

美容・健康

寒さが厳しくなってくると手足や腰のまわりが冷え、頭痛、腰痛、肩こり、便秘、不眠、肌荒れ、生理不順などさまざまな症状があらわれます。

本格的な冬を迎える前に、ストレッチで血液の流れを良くし、冷えを解消しましよう。

特に心臓から遠い手足の末端部分は冷えやすいです。

手足を中心にストレッチを行いましょう。

手首のストレッチ
1、手の先が自分の方に向くように手を床につき、四つんばいの姿勢になる。

2、床についた手に軽く体重をのせ、手のひらが床から離れないようにしながら、お尻を引きかかとにのせる。

3、手のひら、腕の内側がよく伸びているのを感じる。

足のストレッチ
1、裸足になり、足を伸ばして座る。

2、両足の指を大きく開いたり、ギューッと縮めたりを繰り返す。

3、余裕があれば、グー、チョキ、パーの足指じゃんけんに挑戦。

足首まわしのストレッチ
1、両足を伸ばして座り、右足を曲げ、左足の上にのせる。

2、左手の指と右足の指を組み、右手で右足首を持ち固定し、右足首をゆっくり回す。

3、反対の足も同様に行う。

毎日続けることが大切です。
手足が冷えて寝付きが悪いという人は、お風呂上りや寝る前に行うのがおすすめ

参考まで



株式会社ムツコ

美容室iff

イフ(iff)

iff美容研究所













関連記事

この記事のみを表示する頭皮の臭い・・・?(3)

美容

髪をきちんと乾かそう
正しい洗い方で頭皮も髪もすっきり!

こらでバッチリ!と思うのはまだ早い!

濡れた髪も頭皮の臭いの原因になり得るって知っていますか?

放っておくば乾くとか、熱で髪が傷む、とドライヤーをかけない人は要注意。

頭皮から生乾きの洗濯物のように臭が発生してしまいます。

頭皮の湿度が上がり、雑菌の温床になるのがその原因。

せっかく綺麗な状態をキープするためにも、今日からきちんと乾かしましょう。

いかがでしたか?
頭皮は、自分で臭いを把握しにくい上に、誰かに嗅いでもらって臭いの感想を教えてもらうというのも勇気が必要なところ。

臭うかな?と思ったらすぐに拭いたり洗ったり、という方法もとりにくい場所ですよね。

でも、周りの人が迷惑しているかも?と思うと、今すぐ対策が必要ですね?

参考まで



株式会社ムツコ

美容室iff

イフ(iff)

iff美容研究所









関連記事

この記事のみを表示する頭皮の臭い・・・?(2)

美容

頭皮の臭いを防ぐ洗い方を覚えよう
「毎日洗っても頭皮の臭いがなくならない」と悩んでいる人の中には、間違ったシャンプーの仕方で汚れを十分に落とせていない人もいます。

正しいシャンプーのポイントは次の通り。
1、シャンプーする前に良く髪をとかす

2、シャワーで頭皮と髪の汚れをしっかり洗い流す。濡らすだけではダメです。

3、シャンプーは良く泡立てて。指の腹で頭皮をマッサージ。爪を立てないように!

4、すすぎもしっかり。ぬるつきが残っていないかマッサージしながら確認してください。

参考まで


株式会社ムツコ

美容室iff

イフ(iff)

iff美容研究所






関連記事

この記事のみを表示する頭皮の臭い・・・?(1)

美容

ひとことで「頭皮の臭い」と言っても、その種類やシチュエーションは実にさまざま。

脂っぽい臭もあれば、汗の臭い、かび臭いような臭い・・・また、夕方に臭いが気になる人もいれば、洗っても臭が取れないと悩んでいる人もいたり。

中には、自分では気づかなかったけど周囲の人から指摘された、という人もいますよね。

他の部分と違い、頭皮は拭いたり洗い流したりが難しい場所。

それだけに、臭いの根本から解決することが重要なのです。

整髪料はちゃんと落としきろう
身だしなみで髪を整えるのは常識。

周りに不快な思いをさせないよう良い香りの整髪料を選ぶ人も少なくないでしょうね。

でも、その整髪料が臭いの原因にもなりえるのです。

頭皮の脂分はいろいろな物質と結びつく性質をもっていて整髪料も例外ではありません。

その上空気中の化学物質や雑菌とも結びつき、酸化したような臭いを発し始めます。

そして、一度酸化した皮脂をシャンプーだけで落とすのは大変!酸化した皮脂は毛穴に入り込んで詰まらせてしまいます。

頭皮の臭いばかりが、脱毛にも繋がってしまうのです。

頭皮を清潔に保つのはもちろん、シャンプー時のマッサージで血行を良くしましょう。

整髪料が残らないように 正しく しっかり 洗いましょう。

参考まで


株式会社ムツコ

美容室iff

イフ(iff)

iff美容研究所





関連記事

この記事のみを表示するインフルエンザと加湿器

健康

インフルエンザが蔓延する季節が近づいて来ました。

インフルエンザは、冬の乾燥した空気を好みます。

逆に湿度に非常に弱いので、室内を加湿器などで適度な湿度に保つことがインフルエンザ対策には有効です。

しかし、その加湿器が引き起こす病気もありますのでご注意を・・・

「加湿器病」とアレルギー性の肺の病気が増えています。

一般に使われ始めた加湿器の方式は、水を加湿して蒸気を発生させ、加湿する加湿式でしたが、その蒸気で乳幼児のやけど事故が多発し、今では見られなくなっています。

新しく超音波式という加湿器が普及し始めました。

ところがこの方式は予期せぬ欠点があったのです。

それは、水が汚染される欠点です。

超音波により、水道水の殺菌成分が塩素が飛んでしまい、殺菌効果がなくなってしまう構造上の問題があります。

その結果、加湿器によってばらまかれた微生物を長期間吸い込むと、アレルギーを引き起こしてしまうのです。

これを過敏性肺臓炎と言います。

症状は、風邪と似た「咳」や「たん」それに発熱、悪寒、倦怠感などですが、アレルギー反応が激しい場合は呼吸困難になる場合もあります。

参考まで


株式会社ムツコ

美容室iff

イフ(iff)

iff美容研究所





関連記事

この記事のみを表示するカサカサ唇は体調不良のサイン?

健康

唇が乾燥してリップクリームを手放せないと言う人もいるでしょう。

乾燥する季節になると「唇がパックリ割れて痛い」と悩む人も多くなるようです。

カサカサ唇は内蔵が弱っているかも
上唇は胃の状態、そして下唇は腸の状態を現しやすいと言われ、寝不足で体が疲れているときや風邪気味のとき、いくら保湿しても唇が荒れてしまうのは消化器の状態が弱っているから。

ビタミンB2は目、皮膚、口の中の粘膜を守り、ビタミンCは粘膜を丈夫にするのに欠かせません。

体調を崩した時には意識してビタミンB2とビタミンCを摂取したいですね。

肌や粘膜の潤いは、胃腸などの内蔵や血流とも関っています。

リップクリームなどで保湿すると同時に、バランスのよい食事と十分な睡眠を心がけ、できるだけ早く体調を整えましょう。

カサカサ唇は風邪かも
唇は消化器の最初の部分で、顔の皮膚とは異なり粘膜でできていて、目に見えない粘液腺が常に表面を潤わしています。

風邪を引くとこの粘液腺が正常に働かなくなり、充分な粘液が供給されなくなるために乾燥してしまうそうなのです。

また、風邪による発熱でビタミンが奪われてしまい、それによりビタミンCが不足して唇が荒れてしまうのです。

参考まで


株式会社ムツコ

美容室iff

イフ(iff)

iff美容研究所





関連記事

この記事のみを表示する頭皮にとって、過酷な季節がやってきました

美容

体の内側と外側の両方からしっかりケアをして、乾燥から頭皮を守ろましょう。

寒さは本格的になってくるこの時期は、空気が乾燥している上にエアコンの温風が髪に直接当たり、ダメージを受けやすい季節です。

きちんとお手入れしないと、うるおいが逃げて、頭皮のターンオーバーのリズムが乱れてしまいます。

また、偏った食生活や不規則な生活もダメージを大きくする原因になります。

ビタミンを皮膚の免疫力を高めたり、睡眠をしっかりとることで細胞の新陳代謝を正常化させることができるため、生活習慣を改善することも頭皮の乾燥対策としてとても大切です。

頭皮の乾燥が進むと 【痒み・パラパラと乾燥したフケ】 が出やすくなります。

それを 【頭皮が汚れている】 よ勘違いして、必死でシャンプーする人がいますが、これは逆効果です。

シャンプーの回数うを増やしたり、ゴシゴシ頭皮を洗ってしまうと、さらに乾燥が進み、バリア機能がこわれて炎症を起こしやすくなります。

乾燥から頭皮や髪を守るには、まずは保湿が第一です。

シャンプーや育毛剤などのヘアケア用品は、保湿効果の高いものを選んでください。

また、頭皮の血行不良は乾燥を加速させる大きな原因となります。

頭皮を柔らかくして血行を促すケアも忘れずに行いましょう。

参考まで


美容室iff

イフ(iff)

iff美容研究所




関連記事