FC2ブログ
猫とワタシ

Mstyle

楽しいを選択した道

この記事のみを表示する夏の抜毛(4)

豆知識

商品を売るために寄せ集められた情報

育毛の知識として流されている情報も、発信源をたどれば「あるメーカーの商品を販売するため」であることが・・・

「皮脂をとる育毛」毛穴が詰まる」「無添加商品」など、最新情報とか優れた商品。安全性の高い商品など寄せ集めるだけの育毛理論が横行しています。

便乗者が多数いて、自分では試したりせず、それらの宣伝を自社商品にも当てはめ、多数が宣伝していくので「ホントの理論」として広まっています。

参考まで


株式会社ムツコ

美容室iff

イフ(iff)

iff美容研究所




関連記事

この記事のみを表示する夏の抜毛(3)

美容

育毛の大敵 熱と湿気
気温、紫外線の熱、そして湿気は育毛(体も)の大敵です。

アウトドア、海水浴、プール(塩素の害)など、熱と湿気では体は髪を育てる余裕がなくなります。

こうして育毛環境は悪化していくのです。

そのため、被害を被るのは「すでに頭皮が弱っていたり薄毛が進行している」人たちなのです。


参考まで


株式会社ムツコ

美容室iff

イフ(iff)

iff美容研究所





関連記事

この記事のみを表示する夏の抜毛(2)

美容

夏バテは、髪から始まる
秋になると樹木が葉を落とすよいに、体もバテて余裕がなくなると、まず抜毛が多くなります。

この抜毛を放置しておくと、本格的な薄毛へと進行することになります。

東洋医学では夏バテであっさりした麺類などを多く取ると「毛髪が落ちる」つまり抜毛が多くなると書かれてあります。

すばやく抜毛のヘアして、薄毛にならないようにしたいものです。

参考まで


株式会社ムツコ

美容室iff

イフ(iff)

iff美容研究所






関連記事

この記事のみを表示する夏の抜毛(1)

美容

熱交換がうまくいっていない
体は、体温を一定に保つような仕組みができています。

しかし、気温の上昇で体温を下げるために汗をだします。

冷房の中で働いている人は「夏なのに寒い」ため、体温を上げる戦いを体はしています。

また、パソコンなどで「気を集中して仕事をする」人は「気の熱」(体温計では測れない)により、頭皮はのぼせ状態となってしまうます。

このため体の熱交換がうまくいかず、頭皮の育毛環境は悪くなっていくため、抜毛が多くなったり薄毛の進行を早めます。

参考まで


株式会社ムツコ

美容室iff

イフ(iff)

iff美容研究所




関連記事

この記事のみを表示する実はスゴイ健康茶 麦茶!

健康

夏の定番の飲み物と言えば 麦茶 ですね。
麦茶は他のお茶と比べて、健康に良いというイメージは無いかもしれませんが、その歴史は古く、平安時代より貴族に愛飲されていたと言われています。

体に悪いものなら、そんなにも昔から飲まれ続けているわけはありませんよね。

意外と知られていない麦茶の効能をご紹介します。

・胃を守ってくれる
麦茶に含まれる成分、胃の粘膜を守ってくれる働きがあるんです。麦茶を飲むことで胃潰瘍を予防することができるといえますね。

・血行を促進
血流を良くする成分「ピラジン」や血圧を下げる働きのある「ギャバ」が含まれています。冷え性や高血圧の方にうれしい効果ですね。

・抗酸化作用
体の細胞を酸化させる活性酸素を撃退する成分「Pクマル酸」も含まれています。
生活習慣病の90%は活性酸素による発病すると言われているので、この働きによって生活習慣病の予防することができるといわれています。

・ほてった体を冷やす
東洋医学でも、麦茶の原料の大麦は身体を冷やす効果があることは昔から伝えていることです。熱中症にとても効果的です。

・虫歯を予防することができる
実は、麦茶にはバクレリアなどの微生物や菌類などの生成や固着を予防する働きがあります。
しかし、麦茶を飲めば虫歯にならないということではありません。しっかり歯磨きもしてくださいね。

参考まで


株式会社ムツコ

美容室iff

イフ(iff)

iff美容研究所




関連記事

この記事のみを表示する知ってるようで よくわかんな~い 美容用語

美容

W洗顔(洗顔を2回行うこと?)
意外と間違った意味で理解しているこたが多いダブル洗顔。

これは、メークを落とすための洗顔「クレンジング」と肌の汚れを落とすための「洗顔」を行うことを表します。

クレンジングのあとに洗顔をすることはスキンケアの基本です。

しかし、洗浄力の高いクレンジング剤を使って、クレンジングと洗顔を同時に行い、1回で済ませてします方が多くいます。

クレンジングと洗顔は、目的と役割が違うので同時に行うと肌への負担になります。

クレンジングと洗顔は別で行うよう「ダブル洗顔」を心がけましょう。

ピーリング
ピーリングとは、お肌に残っている古い角質を取り除くヘアのことを言います。

肌は、ターンオーバーと言われている肌のサイクルにより、次々と新しい角質が生まれてきます。

その際、肌トラブルや老化などの原因により、古い角質がいつまでも肌に残ってしまい、新陳代謝やターンオーバーのリズムが狂ってしまうことがあります。

古い角質を取り除いて肌に正常なリズムを取り戻すためにピーリングを行います。

参考まで


株式会社ムツコ

美容室iff

イフ(iff)

iff美容研究所




関連記事

この記事のみを表示する紫外線ダメージをリセットするブラッシング!

美容

今回はブラッシングで、夏に受けたダメージに負けない健康な頭皮と美しい髪を作る方法を紹介します。

頭皮と髪が健康になるブラッシングの効果
・髪に艶が出て、まとまりやすくなる。
・頭皮の血行が良くなり、新陳代謝が高まる。
・髪のほつれや頭皮のフケ・ホコリを取り除く。

夏の頭皮は汗でムレムレの状態。
皮脂で毛穴がふさがり、地肌が汚れるとフケやニオイなどトラブルの原因・・・。

だからこそ、この時季は正いいブラッシングで頭皮と髪のケアすることが大切なんです!

ブラッシングの正しいやり方
ブラシの背面に人差し指をのせ、親指は縁に沿えてブラシを持つ。(パソコンのマウスを持つイメージ)

髪のもつれを取るようにして、髪の毛をとかしていく。

ブラシを頭皮に垂直に当てると、肌あたりが強すぎることもあるので、ブラシを少し回転させるようにしながら髪をとかす。

ブラッシングのタイミングは、シャンプー前がオススメ。

頭皮と髪の汚れとともに、一日の疲れもおとしちゃいましょ

ブラシであれば、なんでも良いわけではありません。ご自身に合ったブラシを選んでください。

参考まで


株式会社ムツコ

美容室iff

イフ(iff)

iff美容研究所







関連記事

この記事のみを表示する本当に恐ろしい「光老化」

美容・健康

これは紫外線が肌の奥まで入り込み、徐々に細胞を壊すことで、実年齢とは関係なく老化をしていくという老化現象なのです。

実は、肌よりも多くの紫外線を浴びるのは頭で、頭皮こそがもっとも光老化が起きやすい場所であるということはご存知でしょうか?

頭皮は太陽に面しているので、当たり前といえば当たり前なのですが、普段髪の毛で隠れているせいか、なかなかその危機感を感じ取ることができません。

髪は、赤茶けたりすることで見た目でもその傷みが確認できますし、パサつく手触りや乾燥などでSOSを察知することができます。

しかし頭皮は、目で見て確認することが難しく、赤くなったり、ヒリヒリしたりすることで、注意できればまだ救いがありますが、紫外線の下で、ジワジワと細胞が壊されていくことに気付くことができないのが恐ろしいところです。

髪の毛を作る元となる毛母細胞が、紫外線の影響でうまく働かなくなると、髪の毛が抜けてしまう抜毛の原因となるだけではなく、髪の毛そのものがつくれなくなり、薄毛の原因となる可能性があります。

また、頭皮の中の毛根には髪の毛を黒くする細胞があるのですが、紫外線のダメージによりそれが破壊されることで、白髪が発生するとも言われています。

頭皮は髪の毛が育つための大切な土壌ですから、その頭皮がダメージを受けると影響が出るのは髪です。

見えないからといっても、決して油断せず、頭皮環境もチェックしてみて下さい。

参考まで


株式会社ムツコ

美容室iff

イフ(iff)

iff美容研究所




関連記事