猫とワタシ

Mstyle

楽しいを選択した道

この記事のみを表示する食べる胃腸薬 キャベツ

健康

柔らかくて美味しいキャベツ。

このキャベツには、胃腸薬にも配合されている成分のキャベジン(ビタミンU)が多く、ビタミンUは細胞を作るための材料となり、傷ついた胃腸の粘膜の修復を促進する働きがあります。

また、キャベツを切ったり、かみつぶしたりと、キャベツ中の酵素が働いてリゾホスファチジンサン(LPA)ができます。

これには細胞を増殖させて胃の修復を促す働きがあります。

生できざんで食べる
最近の研究で、胃腸の粘膜修復作用があるりゾホスファチジンサン(LPA)という成分も、生のキャベツを細かく切るとキャベツの酵素が働いてできるとわかった。

トンカツについている山盛りの千切りキャベツは胃腸を守っているのです。

解毒力アップ
解毒力を持つ成分の一つは、キャベツを食べてときに少しピリッとする辛みの正体、イソチオシアネート。
これは、体内にある解毒成分グルタチオンを発がん物質などの解毒作用を高める働きがある。

毎日葉っぱ一枚食べよう!
キャベツの免疫力や解毒力を上げる作用は続けて食べれば1日あたり葉1枚(30~50g)でも効果が期待できます。
続けることが大切です。

参考まで


株式会社ムツコ

美容室iff

イフ(iff)

iff美容研究所

関連記事

この記事のみを表示する梅雨に広がらない髪のケア法

美容

梅雨時は、髪の毛がまとまらなくてイヤ!

ただでさえ厚くて蒸し蒸しとするのに、ヘアスタイルが決まらないなんて本当にストレスですよね。

髪の毛が広がりやすいのには、カラー、ヘアアイロン、ドライヤー、ヘアスタイリング製品などの使いすぎから来ることが多いのです。

梅雨の時期の髪の広がり対策として、以下の方法を試して下さい。

髪は清潔に
梅雨の時期は、暑いのと湿気とで、いつも以上に汗をかくものです。

それは身体だけでなく、頭皮も同じです。

毎日シャンプーをするのはいけないと聞いたことがあるかもしれませんが、シャンプー剤をえらべは、そんなことはありません。

しっかりと寝る前に乾かしてあげれば全く問題ないのです。

自分に合ったシャンプー選び
自分に合ったシャンプーを選んであげることが美しい髪作りへの第一歩です。

髪のパサっきが気になる方は、保湿効果があるもの、特にビタミンやアロマオイルなどを含んだ良質のものを使用することがおすすめです。

シャンプーは、たっぷり使えば汚れが落ちるであるとか、髪の毛に良いというものではありません。

お湯で汚れ落としたあと髪が長い人でも100円玉から500円玉大くらいで十分です。

しっかりと泡立て、頭皮をマッサージするようにしながら全体をと洗って、すすぎ残しがないように気をつけましょう。

油分補給を忘れずに
頭皮にはある程度の油分が必要です。

油分が足りないとドライヘアになってしまいます。

そこで。、週に1~2回、シャンプーの前にオイルを手に取り、頭皮マッサージしてそのまま45分程度パックしてあげましょう。

オイルはご自身のお好みのもので大丈夫ですが、椿油、オリーブオイル、ココナッツオイル、ホホバオイルなどがおすすめです。

また、ドライヤーを使う前に1~2滴、頭皮と毛先を中心に擦り込んでみると髪の毛もまとまりやすくなりますのでオススメです。

ヘアパック(地肌に良いもの)を使ってみる
沢山のヘアケア製品が店頭に並んでいます。

そこで、シャンプーやコンデショナーに加え、さらにヘアパックやトリートメントを取り入れてみましょう。

特に傷んだ髪には集中して2週間ほど使うと効果が目に見えてわかります。

まとめ
髪の毛が生えるときの栄養として、中からも対策するのでダブル効果となります。

参考まで!


株式会社ムツコ

美容室iff

イフ(iff)

iff美容研究所



関連記事

この記事のみを表示する梅雨の 抜毛・薄毛 対策

美容・健康

梅雨時期に薄毛になる理由

頭皮には皮脂が分泌し過ぎたとしても、皮脂を食べることで、頭皮を良い状態に保つことのできる善玉菌という菌がいます。

これは、頭皮をコントロールするために必要な存在ですが、梅雨時期のように高温多湿の状態になると、善玉菌は増え過ぎてしまし、悪玉菌になってしますことがあります。

悪玉菌になると、頭皮が炎症を起こしやすくなったり、かゆくなる、フケがでる、匂いがキツイなどの症状が起こります。

これらのトラブルが起こってしまうと、無意識に頭皮を掻いてしまったり、イライラしてしまうことで薄毛を促してしまうことも考えられます。

梅雨時期にできる薄毛対策

1、育毛剤みたいなものを使う
  頭皮や髪を適した環境に整えるための成分が豊富に含まれています。
  髪を健康的な状態に整えたり、毛穴の汚れをキレイに落とすなど、様々な効果が期待できます。

2、シャンプーをする
  じめじめした季節は、皮脂が多く分泌されます。
  皮脂が多くなると、毛穴が詰まる恐れがありますので、シャンプーで髪を洗うことをお勧めします。
  シャンプー剤は、毛穴の汚れを取り除き、皮脂の量も適度な状態に保ってくれるのがようでしょう。

3、適度に汗を拭き取る
  暑い日は、頭皮から汗が多く出てきます。
  頭皮は蒸れた状態になり、髪の毛が抜けてしまうきっかけになる場合もあります。
  帽子をかぶる時も通気性の良い帽子を選んだり、適度に帽子を脱いで長時間頭皮が蒸れている状態にならないように注意しましょう。

気になる方は参考にしてください。


株式会社ムツコ

美容室iff

イフ(iff)

iff美容研究所



関連記事