FC2ブログ
猫とワタシ

Mstyle

楽しいを選択した道

この記事のみを表示する足が疲れない、ひもの結び方

未分類

ひもの付いた革靴は、結び方ひとつで足の疲れを少なくすることができるんです。

まず、ひもを全部ほどいてから、つま先の方はゆるく、そして、足首に近づくにつれ段々ときつくなるように結びます。

つま先部分をゆるくして足を開放すると、踏み込んだ時に足にかかる負担が軽くなるし、逆に、足首に近い方はきつくしたほうが、靴が足にフィットして歩きやすくなります。

一度お試し下さい。


株式会社ムツコ

美容室iff

iff美容研究所


関連記事

この記事のみを表示する冬の抜毛対策 その2

未分類

頭皮の保湿を重視しよう!

秋よりも冬のほうが気候は乾燥しているわけで、秋よりも念入りに頭皮の保湿をしなければなりません。

冬は1年のうち一番頭皮の皮脂の分泌が少なくなる季節です。

頭皮は、顔の皮膚に比べて角質層の水分量が低く、他の部分より乾燥しやすい傾向にあります。

肌が乾燥ぎみの方は、頭皮はそれ以上に乾燥していると思ってください。

頭皮が乾燥すると皮膚のバリア機能が低下し、細菌や刺激物が皮膚内に入り込みやすくなります。

冬場にフケやかゆみが頻発するのはこのためです。

シャンプーを脱脂重視の物から保湿重視の物に変えましょう。

育毛剤をお使いの方も冬は保湿重視タイプの物に変えましょう!

また、間違ったシャンプーも頭皮の乾燥を招きます。

夏場はべたつくからと、1日に2回くらいシャワーをあびたり洗髪したりしていた方も、冬場は特に注意して洗髪して下さい。

寒いからと、熱い温度のシャワーを浴びる、ドライヤーをかけすぎるのも頭皮の乾燥を招きますから注意しましよう。


株式会社ムツコ

美容室iff

iff美容研究所

関連記事

この記事のみを表示する冬の抜毛対策 その1

未分類

冬には冬の抜毛対策があります。!
早め早めの薄毛対策!今、頭皮に適切な抜毛対策をすることが、半年~1年後の自分に反映されるのです。

冬の抜毛対策 その1
血行を良くしよう!
冬は気温の低下によって、体が冷え」、それにより頭皮の血行が悪くなります。
低体温=免疫力低下を意味します。
低体温になると頭皮の温度もさがり、薄毛やかゆみ、フケなどいろいろな脱毛原因を引き起こしてしまいます。
ですので。頭皮のためにも常に体温をさげないように努力する必要があります。
適度な運動、シャワーで済まさず湯船に浸かるようにする。
頭皮マッサージは念入りに行いましょう!
また、体を冷やす食べ物も控えるということも、したほうが良いでしょう・
冷たいアルコールの取りすぎなども控えましょう。
内蔵が冷えてしまうとリンパの流れも悪くなり、頭皮に良くないだけでなく、風を引きやすくなったり良いことがありません。

次回は、冬の抜毛対策その2について

株式会社ムツコ

美容室iff

iff美容研究所

関連記事

この記事のみを表示する気温低下による乾燥と抜毛防止

未分類

この時期は、温度の低下による乾燥や、寒さによる血行不良などで、頭皮のコンディションが悪化しがちです。
入念なお手入れで乾燥や冷えから頭皮を守り、頭皮環境を良好に保ちましょう。
1年のうちで、最も湿度や気温が低くなる冬は、頭皮にとって過酷な季節です。
大気の乾燥に加え、暖房器具の使用によって、室内の空気も乾燥。
さらに、これからの季節は皮脂や汗の分泌量も極端に減るため、頭皮は非常に乾燥しやすくなります。
寒さによる体の冷えも、頭皮に大きく影響を与えます。
硬くなった頭皮は血行不良になりがちなので、冷えにも注意しましょう。
頭皮の水分量は年齢とともに減少するため、肌と同じく頭皮の乾燥対策も大変重要です。
頭皮が乾燥すると、皮膚のバリア機能が低下し、細菌や刺激物が皮膚内に入り込みやすくなります。
冬場に、フケやカユミが頻発するのはこのためです。

次回は、冬の抜毛対策について


株式会社ムツコ

美容室iff

iff美容研究所


関連記事

この記事のみを表示する脂漏性皮膚炎の可能性

未分類

前回のブログ書いた脂漏性皮膚炎について

秋の頭皮トラブルはカユミとフケがセットになつている!

秋になると皮膚科クリニックでは、脂漏性皮膚炎の患者が増える、というデーターがあります。
脂漏性皮膚炎とは、頭皮や顔面にフケ様の付着物を伴う湿疹であり、皮脂中に含まれるトリグリセリドが、真菌(主にマラセチア属真菌)によって分解されて遊離脂肪酸が生じ、それが皮膚を刺激して接触性皮膚炎を生じる、のが一番の原因と考えられています。
頭皮が赤くなったり、強いかゆみをともなう、頭皮にかさぶた、ベタベタした(髪に絡んで落ない)フケが出ることが特徴です。
脂漏性皮膚炎は頭皮に限った症状ではありません。
皮脂分泌の多い場合であれば、耳の後ろ、鼻の脇、脇等にも起こる症状


株式会社ムツコ

美容室iff

iff美容研究所



関連記事

この記事のみを表示する頭皮のカユミとフケの対処法

未分類

夏から秋へ、秋から冬へかけての季節の変わり目に、頭皮のかゆみ、そしてそれに伴うフケに悩まされる方は多いと思います。

頭皮のカユミとフケの対処法として
強いカユミ等に、脂漏性皮膚炎(頭皮や顔面にフケ様の付着物を伴う湿疹である)が疑われる場合は、皮膚科を受診しましょう。
自宅でもできる対処法としては、シャンプーを変える。
シャンプーのしすぎ、熱い湯で洗髪している等頭皮の乾燥の原因を見直す。
脂っこい食事をしばらく避け、ヘルシーな和食系でビタミンB群の多い食事をする。
頭皮マッサージをし頭皮の血行を良くする。
以上は、自宅でできると思います。
その上で、1ヶ月に最低1回はプロの手によるヘッドスパ、ヘッドエステ等で、頭皮の状態を確認しながら、フケ・抜毛・薄毛の予防をしましょう。


株式会社ムツコ

美容室iff

iff美容研究所


関連記事