FC2ブログ
猫とワタシ

Mstyle

楽しいを選択した道

この記事のみを表示する着付けの夏期昇格試験

未分類

 試験を受けるところは  素晴らしい着物姿を つくることが できると思うところ 

90歳が筆頭 のプロの先輩着付師集団 とでもいうべきか?

普通の一般人の着付をたずさわる 着付師とでも言ったらいいのか(美容師) を育ててくれている ところです

留袖着付師、振袖着付、花嫁着付(何種類かあります)

この試験を受けるとき 着付する美容師は 紋付の着物(この会できめられた)を 着用して着付をします

受講するときも 浴衣など着物を着用して 教えてもらいます

受講の開始の時 正座をして 手をついてご挨拶 試験の時 

他の項目の方たちのを 見せていただくとき正座・・・・・・・・(太っているせいか?足が 足が しびれるー)

以前 そんな顔の 受講生達を ごらんになって( 師匠90歳その時は85歳くらい)

 一言 「なんだねその顔は、命を取ろうと いってるんじゃあないよ」

全員    シーン  シーン  シーン     m(__)m

そのような

夏期昇格試験講座が始まります

明日8月25日から 2日間講習 そして 27日試験です






あなたは部下や後輩に、もっといい仕事ができると思ってあれこれとアドバイスをしたところ、意見に耳を貸さないどころか、反発されて口論になってしまったなんて経験はありませんか?
実はこうした議論というのは建設的な話し合いの場に見えますが、容易に対立を生んでしまう場でもあります。
というのも、人間は誰しも「自分のやっている事は正しい。」と考えています。
ですので、話し合いの中で相手と見解の食い違いがあると自分のやっていることが正しく、したがって相手のほうが間違っていると思ってしまうのです。
それなのに、正しい自分を間違っていると指摘してくる相手を本能的に「敵」だと感じてしまいます。
では、こうした議論をせずに部下や後輩を動かして仕事の成果を出すためにはどうすればいいのでしょうか?
この本「リアル・インフルエンス」によると、、、

http://directlink.jp/tracking/af/1316112/4DAbtmdh/


関連記事