FC2ブログ
猫とワタシ

Mstyle

楽しいを選択した道

この記事のみを表示するもしかして「秋バテ」かも?

美容・健康

「秋バテ」とは、夏の暑さもやわらぎ、ようやく涼しくなってきたにもかかわらず体がだるい、疲れやすいなどの体の不調が続いている状態をいいます。

夏の間の冷房や冷たい物の取りすぎにより自律神経が乱れているのに加え、秋の朝昼夜の寒暖差や長雨などの低気圧の影響が加わって起きてきます。

こんな症状が出たら「秋バテ」サイン!
症状としては、疲れやすいだるい・食欲がなく胃がもたれる・よく眠れない・立ちくらみやめまいがする・頭痛や肩こりがする・便秘や下痢・・・などがあります。

夏バテが8月の暑さ真っ盛りの時期に起きるのに対し、秋バテは涼しくなる9月後半以降に起きてきます。

なってしまった「秋バテ」の予防&対処
秋バテの大きな原因が自律神経の乱れとそれによる血の巡りが悪くなることですので、それを改善するようにします。

具体的には、シャワーだけでなく、38~40度のやや温めの湯船につかるようにします。

また30分程度の散歩など軽めの運動を毎日続けることにより自律神経の機能が回復してきます。

さらに適切な服装によって温度差の管理をすることや、冷たいものを控えて暖かいもの、ビタミンの豊富な食べ物をよく噛んで食べることも重要です。

豚肉や納豆はビタミンB1が豊富で自律神経を整える働きがあります。

さつまいもやかぼちゃ、じゃがいもなども免疫力を高める効果もあるのでおすすめです。

参考まで


株式会社ムツコ

美容室iff

イフ(iff)

iff美容研究所
























この記事のみを表示する夏太りを解消する!(3)

美容・健康

秋バテを防ぐためには冷たい食べ物をなるべく避けて、温かいものを飲んだり食べたりするように心がけましょう。
日頃から体を温める温活は必要です。
食べるときはゆっくりとしっかり、よく噛んで食べることも大切です。

食欲が落ちた時は量よりも質を大切にして、食べたくない時は無理に食べないという選択肢も必要です。

夏場は避けていた運動も秋になったら適度にやるようにしたほうがいいでしょう。

体がかたくなると呼吸を浅くなる傾向があるので、気がついた時に深呼吸をするといいですよ。

9月も終わりになる頃には天気のいい昼間は暑くても、朝晩は冷え込むようになりますから服装にも気をつけたいですね。

参考まで


株式会社ムツコ

美容室iff

イフ(iff)

iff美容研究所
























この記事のみを表示する夏太りを解消する!(2)

美容・健康

夏太りと秋バテ
夏太りと秋ばてがセットになっていることもありますよね。

夏前より太ってしまったのに、秋に食欲が落ちても体重が減らない・・・
代謝が落ちているので、当然、免疫力も下がり、風邪などをひくと長引いたりするようになります。

毎日、冷房の効いた部屋と外で10°以上の寒暖差を経験していると自律神経の失調につながります。

さらに秋になると長雨と台風が多くなり、気温が乱れやすいため、めまい、頭痛、食欲不振など、さまざまな体調不良を起こしやすくなりますね。

まだ残暑の時期だからと、湯船にも浸からずにシャワーだけですませていると冷えの解消もできず、基礎代謝がおちたままになってしまいます。

だるさが抜けず、疲れやすくなって、集中力も低下しますよね。

参考まで


株式会社ムツコ

美容室iff

イフ(iff)

iff美容研究所






















この記事のみを表示する夏太りを解消する!(1)

美容・健康

夏太りをそのまま放って置くと、秋から冬にかけてされに太る可能性もあります。
夏太りを解消する方法
むくみが原因なら野菜や果物を多く摂る
※野菜や果物に含まれるカリウムが不足しがちになるため

冷えの解消
※冷房で足腰が冷えないようにひざ掛けなどを利用して防ぐ
※お風呂はシャワーだけで済まさずに、ぬるめの温度の湯船にしっかり浸かる
※冷えやすい手先や足などのマッサージをする(ひろのぱ体操など)

糖質をとり過ぎない
※バランスの良い食事内容を心がける
※しっかり噛んで食べるようにする
※よく噛むとエネルギー消費率が上がり、カロリーの燃焼率が1割くらい上がります。

基礎代謝を上げるストレッチなどをする
※ストレッチで筋肉の緊張をとって、代謝をよくする
※かたい筋肉のままだと太りやすくなる

自律神経を整えるために、規則正しい生活をする

質の良い睡眠をとるように心がける
※睡眠不足は基礎代謝の低下に繋がります。

参考まで


株式会社ムツコ

美容室iff

イフ(iff)

iff美容研究所
























この記事のみを表示する夏バテに効く食材

美容・健康

レバー
鉄、タンパク質、ビタミンB群、その他ミネラルが豊富で、高栄養食材のひとつです。

調理が大変な場合は、お惣菜の焼き鳥や外食を利用してもよいでしょう。

枝豆
糖質、タンパク質がバランスよく含まれ、ビタミンB群やビタミンCも含まれます。

パプリカ
野菜の中でもビタミンCが多く含まれていて、ビタミンAやEといった抗酸化ビタミンも豊富です。

夏野菜
水分が多く、体を冷やす効果のある夏野菜。

ピーマン、なす、トマト、ゴーヤ、オクラ、きゅうりなどが挙げられますが、旬の時期は味も格別です。

食欲がない時は、冷やしたきゅうりやトマトを食べて、体を冷やしてから食事を摂ると食欲増進につながります。

彩りのいい野菜は抗酸化効果も高いためおすすめです。

レモン+海塩+水
疲労回復にもってこいの酸とビタミンCを含むレモン。

そして、ミネラルが豊富な海の塩。

それらを水に溶かしてオリジナルの夏用ドリンクを作るとよいでしょう。

朝起きたときと、寝る前に飲むだけでも効果を実感できますよ!

まとめ
夏の暑さによる自律神経の乱れなどによって起こる「夏バテ」。

夏バテを解消するためには、食事から「タンパク質」や「ビタミン」などの栄養を摂取することが大切です。

参考まで


株式会社ムツコ

美容室iff

イフ(iff)

iff美容研究所