FC2ブログ
猫とワタシ

Mstyle

楽しいを選択した道

この記事のみを表示する毎日5分!肩甲骨はがし・ストレッチ!

美容・健康

肩甲骨は同じ姿勢を長時間することによって固まっていきます。

とくにデスクワークは肩甲骨にとって諸悪の根源です。

日々の生活の中で体にいいことは毎日継続して習慣化することが大切です。

起床後や就寝前、仕事中の休み時間など、いつでもどこでも5分あればトライできます。

・起きる前に伸びをする。
・メイク前に鏡の前で姿勢を正して胸を張って深呼吸を2~3回。
・出勤前に耳横バンザイストレッチ。
・休み時間に背もたれストレッチ。
・パソコンに30分向かったら肩甲骨をよせる、背もたれストレッチを行う。

肩甲骨周りを大きめに動かすストレッチを取り入れていきましょう。

コリが解消するだけではなく気持ちもリフレッシュして、仕事が効率よくはかどるので一石二鳥です。

朝昼夜、時間帯別「肩甲骨はがしの効果」
時間帯によってストレッチを変えたりすることで効果は倍増です。

朝「肩甲骨はがしに理想的な時間帯」
寝ている間はあまり動かないので朝起きると人間の体は硬くなっています。

その状態を「ほぐす」起きてすぐのトレーニングは1日の活動を活発に行うのに最適です。

後ろ腕ストレッチ
1、机やテーブルの前に立ち右足を一歩前に踏み出して両手のひらを天板に後ろ手につけ、そのまま軽く3秒間押す。

2、そのまま右ひざを前に出して重心を前に移動、腕の力を抜きリラックス1~2を3回繰り返したあと最後に20秒キープ。

ゆるやかなストレッチをした後に手足をぶらぶらしてさらに体をほぐし、体操などの大きな動きのあるものを行います。

昼「生活の中で軽く体を動かす時間を作る」
昼は忙しくトレーニングの時間がないという人多いと思いますが、家事の途中や勤務中など軽く体を動かすのも大切です。

背面引き上げストレッチ
足を肩幅に開き下腹部にギュッと力を入れ、胸を張ってアゴを引いて背筋をのばす。

両手を背中に回して組む。

アゴを引き腰を曲げないようにヒジを伸ばしたまま組んだ手を10回引き上げる。

胸を張る、伸びをするなど少し動かすだけでも肩こり腰痛は防げます。

夜「ゆっくりストレッチで疲れをいやす」
日中に動き回った一日の終わりには、ジワッとした静的ストレッチがオススメです。

タオルストレッチ
1、両手でタオルを持ち後頭部の出っ張りの下あたりにタオルをひっかける。

2、目の高さより下にタオルの端がくるようにピンと引っ張ってしっかり固定をする。タオルに頭を押し当てるようなイメージで10秒ほど力を入れる。

3、力を抜いてリラックスする、特にお風呂上がりは体も温まっているのでストレッチ効果が高まります。体操よりゆっくりとしたストレッチをしてからそのまま寝ましょう。

参考まで


株式会社ムツコ

美容室iff

イフ(iff)

iff美容研究所

























この記事のみを表示する朗報!トマトが白髪を減らす・・・!

美容・健康

夏の食べ物のようなイメージのあるトマトですが、積極的に摂りたいのは、今この時期なんです。

トマトは、パサパサ髪やくすんだ肌など、夏に受けたダメージは体内からのケアで立て直す力を持っているのです、

トマトの美容効果の主役はリコピン
トマトに含まれるリコピンは血液をサラサラにして新陳代謝を良くし、免疫作用を高めてくれます。

強い抗酸化作用を持ち、肌のたるみやシミなどの美容のお悩みからガン防止まで効果が!

骨粗鬆症やアトピー性皮膚炎の予防&改善も期待できるのだとか。

さらに夏のダメージが残る肌や髪をテキメンに回復させてくれるパワーもあります。

リコピンの抗酸化作用は「若返りビタミン」と言われるビタミンEのおよそ1000倍。

シミの原因となるメラニンの生成を抑えてシワからも肌を守ります。

肌のリコピン濃度が高い人ほどシワとたるみが少なく、肌のキメが細かにのだそう。

夏のダメージが残っていたり、激しい気温変化で疲れがち・・・そんなお疲れ女子はど、いま摂りたい栄養素なんです。

秋は白髪が増えるんです!
ツヤツヤ美髪を育てる方法?
秋のなって白髪が増えた気がする人はいませんか?

厳しい暑さで食欲をなくし、栄養をきちんと摂れなかったり、夏バテを起こしたりと、夏は何かと不健康な生活を送りがちです。

ココに紫外線ダメージが加わることで頭皮のダメージも進行。

白髪が増えてしなうのはコレが原因です。

とはいえ白髪は、一度なったら治らないものとは限りません。

なりたての白髪は、頭皮のダメージによって一時的に髪に色素が乗らなくなった状態で、放置すればその状態が定着してしまいます。

が、早めにケアすれば復活する可能性は大。

実際に、ある女性の旦那様が激務と暴飲暴食で太ってしまい、ダイエットのためにトマトジュースを毎日飲みはじめたところ、体重はあまり減らなかったけど、増えてしまった白髪が一ヶ月程度で激減したそうです。

さらに、起き抜けの旦那様の肌の毛穴が見えなくなったことに驚いて、その女性もトマトジュースを毎日飲むようになったとか。

「夏バテでご飯をたべなかった」「暑さで寝苦しく、寝不足だった」「夏はシャワーばかりだった」こんな心当たりのある人は、白髪が増えているかも?

トマトが、あなたの髪を救います。

とにかく赤いものを選んで!加工食品も OK

美味しく食べる工夫をすれば、リコピンの吸収率がより高くなるトマト。

毎日のキレイを約束してくれるかも・・・積極的に取り入れていきたい食材です。

参考まで


株式会社ムツコ

美容室iff

イフ(iff)

iff美容研究所

























この記事のみを表示するもしかして「秋バテ」かも?

美容・健康

「秋バテ」とは、夏の暑さもやわらぎ、ようやく涼しくなってきたにもかかわらず体がだるい、疲れやすいなどの体の不調が続いている状態をいいます。

夏の間の冷房や冷たい物の取りすぎにより自律神経が乱れているのに加え、秋の朝昼夜の寒暖差や長雨などの低気圧の影響が加わって起きてきます。

こんな症状が出たら「秋バテ」サイン!
症状としては、疲れやすいだるい・食欲がなく胃がもたれる・よく眠れない・立ちくらみやめまいがする・頭痛や肩こりがする・便秘や下痢・・・などがあります。

夏バテが8月の暑さ真っ盛りの時期に起きるのに対し、秋バテは涼しくなる9月後半以降に起きてきます。

なってしまった「秋バテ」の予防&対処
秋バテの大きな原因が自律神経の乱れとそれによる血の巡りが悪くなることですので、それを改善するようにします。

具体的には、シャワーだけでなく、38~40度のやや温めの湯船につかるようにします。

また30分程度の散歩など軽めの運動を毎日続けることにより自律神経の機能が回復してきます。

さらに適切な服装によって温度差の管理をすることや、冷たいものを控えて暖かいもの、ビタミンの豊富な食べ物をよく噛んで食べることも重要です。

豚肉や納豆はビタミンB1が豊富で自律神経を整える働きがあります。

さつまいもやかぼちゃ、じゃがいもなども免疫力を高める効果もあるのでおすすめです。

参考まで


株式会社ムツコ

美容室iff

イフ(iff)

iff美容研究所
























この記事のみを表示する夏太りを解消する!(3)

美容・健康

秋バテを防ぐためには冷たい食べ物をなるべく避けて、温かいものを飲んだり食べたりするように心がけましょう。
日頃から体を温める温活は必要です。
食べるときはゆっくりとしっかり、よく噛んで食べることも大切です。

食欲が落ちた時は量よりも質を大切にして、食べたくない時は無理に食べないという選択肢も必要です。

夏場は避けていた運動も秋になったら適度にやるようにしたほうがいいでしょう。

体がかたくなると呼吸を浅くなる傾向があるので、気がついた時に深呼吸をするといいですよ。

9月も終わりになる頃には天気のいい昼間は暑くても、朝晩は冷え込むようになりますから服装にも気をつけたいですね。

参考まで


株式会社ムツコ

美容室iff

イフ(iff)

iff美容研究所
























この記事のみを表示する夏太りを解消する!(2)

美容・健康

夏太りと秋バテ
夏太りと秋ばてがセットになっていることもありますよね。

夏前より太ってしまったのに、秋に食欲が落ちても体重が減らない・・・
代謝が落ちているので、当然、免疫力も下がり、風邪などをひくと長引いたりするようになります。

毎日、冷房の効いた部屋と外で10°以上の寒暖差を経験していると自律神経の失調につながります。

さらに秋になると長雨と台風が多くなり、気温が乱れやすいため、めまい、頭痛、食欲不振など、さまざまな体調不良を起こしやすくなりますね。

まだ残暑の時期だからと、湯船にも浸からずにシャワーだけですませていると冷えの解消もできず、基礎代謝がおちたままになってしまいます。

だるさが抜けず、疲れやすくなって、集中力も低下しますよね。

参考まで


株式会社ムツコ

美容室iff

イフ(iff)

iff美容研究所