FC2ブログ
猫とワタシ

Mstyle

楽しいを選択した道

この記事のみを表示する目指せ美髪!春に起こりやすいトラブルと4つのケア方法!

美容・健康

暖かくなりアクティブに過ごしやすい気候で心身ともに成長を感じられる春。

実は、髪も一年でいちばん成長する季節。

新陳代謝や血流が盛んになるので、髪の成長に重要な毛母細胞の働きも活発になり、絶好の育毛シーズンとなります。

生え変わりによって抜け毛も増える時期でもありますが、ケア次第で美髪に生まれ変わるチャンスです。

1.毛穴の詰まりによる頭皮トラブル
新陳代謝が盛んになるので、汗や皮脂などの分泌物も増えます。

それらが毛穴に詰まると頭皮のニキビやかゆみ、抜け毛や切れ毛などを引き起こし、髪の成長にダメージを与えてしまいます。

☆ケア方法
正しいシャンプー方法で頭皮を丁寧に洗うようにしましょう。

ただ、洗いすぎや洗浄力の強すぎるシャンプーは、かえって頭皮のコンディションを悪化させてしまうことも。

自分の肌質にあったシャンプー剤を使って洗いましょう。

定期的に毛穴のクレンジングをするのもいいですね。

2.春風による髪のきしみ
春は風が強く吹く日も多く、髪にほこりなどが付着して毛穴の詰まりを起こしたり、髪同士がこすれたり絡まったりして、きしみや傷みを起こしてしまいます。

☆ケア方法
こまめにブラッシングをし、髪に付着したホコリを落とすようにしましょう。

外出前に髪を束ねておけば、ほこりの付着や風によるこすれ、絡まりを軽減することができます。

また、トリートメントなどで髪表面をコーティングするのもおすすめです。

3.紫外線によるダメージ
夏のイメージが強い紫外線ですが、春から急激に急増し、5月頃には夏と変わらないほどの紫外線量になります。

髪が紫外線を吸収すると、キューティクルが傷つき、髪自体が傷んでしまいます。

また、毛母細胞の働きが悪くり、抜け毛や薄毛、白髪につながってしまいます。

☆ケア方法
紫外線は曇りの日でも降りそそいでいるので油断は大敵。

外出時は帽子を被ったり日傘を使うなど、頭皮や髪に直接紫外線が当たらないようにガードしましょう。

UVカット効果のあるヘアケア剤を使うのもおすすめです。

4.自律神経の乱れによる毛痩せや抜け毛
春は生活環境の変化や、激しい気温差などがストレスとなり、知らず知らずのうちに自律神経が乱れやすくなります。

自律神経の乱れは、毛母細胞にも影響するので、抜け毛や毛痩せにつながります。

☆ケア方法
自律神経は、自分で意識的にコントロールすることができないので、規則正しいライフスタイルを心がけることが大切。

頭皮のマッサージや湯船にゆったり浸かるなど、ストレスで緊張状態の神経をリラックスさせてあげることも効果的です。

サプリや育毛剤で髪に栄養を送ってあげることも、春の育毛サイクルをより活かせます。

髪が一番成長する季節だからこそ、正しいケアでサラツヤの輝く髪を手に入れましょう!

参考まで

息スッキリ ハッピネス "気になる(ニオイ)の方に!

株式会社ムツコ

美容室iff

iff美容研究所

株式会社ムツコの宝地図セミナー

iffShop ヤフーショッピング



















この記事のみを表示する無駄もなく、旨みも凝縮ぼ「干し野菜」をつくろう!

美容・健康

太陽の力を借りて、栄養がギュッとつまった干し野菜

実は干し野菜はとっても簡単に作ることができるんです。

野菜を干すことで栄養価もUP、余り野菜の無駄もなくし保存もきく、まさに一石二鳥の干し野菜の作り方をご紹介したいと思います。

美容健康のためにも干し野菜を作ってみませんか?

美容健康のために干し野菜を作ってみよう
自然食ブームやナチュラルな生活が見直されている昨今、太陽の力を借りて美味しい野菜をさらに美味しく栄養価も高くいただく昔ながらの「干し野菜」が要注目ぼ作ってみたいけど、面倒くさそうなんて思っているかたも多いと思います。

干し野菜の基本は、野菜を切って表面の水分を拭き取り、天日干しするだけでとっても簡単に作ることができるんですよ。

狭いベランダでも作れちゃいます!
広いベランダやお庭がなくても大丈夫。

市販のネットなどに切った野菜を入れて干しておくだけで「干し野菜」が完成します。

少しずつ残ってしまった野菜や、捨ててしまいがちな野菜の皮も干してしまえば美味しく食べることができるんですよ。

干し野菜専用バスケットが無くても、竹ざるに並べて置けばOKです。

日中お仕事があっても、天気がいい日を見つけてベランダや庭に干すだけでいいんです!

どんな野菜が向いているの?
基本的に水分が少な目の野菜が干し野菜に適しています。

大根、ピーマン、人参、カボチャ、そしてキノコ類はたくさん作って保存しておくと便利です。

切った表面が大きければ水分は抜けやすくなります。

干し野菜の代表、切り干し大根は皮ごと千切りにして干せばいいので、食卓のごみも減りエコにもつながります。

プチトマトは、天日干ししてオイル漬けにしても良し、天日干しをした後にオーブンで更に焼いて水分を飛ばし、ドライトマトとして活用することができるので超便利。

ドライトマトのオイル漬け
パスタに絡めたりピザに乗せたり自由に使えるので、作っておくと便利です。

干し野菜にはメリットがいっぱい♪
干し野菜のメリットは、まず「保存がきく」ということ。

太陽の力を借りて水分を飛ばすので、野菜自体の栄養価が高まります。

大根であればビタミン類、カルシウム、しいたけはビタミンDがUPするんです。

おいしくて健康的、おまけにエコ。

良いこといっぱいの干し野菜。

冷蔵庫に余り野菜があったら、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

参考まで

息スッキリ ハッピネス "気になる(ニオイ)の方に!

株式会社ムツコ

美容室iff

iff美容研究所

株式会社ムツコの宝地図セミナー

iffShop ヤフーショッピング





















この記事のみを表示する“お正月太り解消は、今月中に!

美容・健康

正月に太ってしまった方は、どうしたら良いのでしょうか? 答えは簡単。

「いますぐ調整して痩せる」に限ります。

今日食べたものが、明日の脂肪になるわけではないのはご存知ですよね?

ダイエット中のカロリー計算は1日単位ではなく、3日単位で考えろ」とも言います。

今日食べ過ぎても明日食べるのを我慢すれば“プラマイゼロ”にできるのです。

脂肪になってしまったら、痩せるのってとっても大変べだからこそ、先週一週間で食べ過ぎてしまった場合、今週一週間で、調整し、“プラマイゼロ”にしてしまいましょう!

満腹でない状態で寝る
・長時間寝る一見、寝る間を惜しんで運動をした方が、痩せそうな気がするけれど、睡眠中は立派なカロリー消費タイムです。

寝ているだけで痩せられるなんて、とっても素敵だと思いませんか?睡眠時のカロリー消費効率を上げるために
・満腹でない状態で寝る
・しっかり、まとまった時間眠る
ことが大切。

仕事で、朝起きる時間は決まっているため、夜早く寝ることが重要です。

早い時間に食べる・食べ過ぎない
炭水化物カット

ダイエットをもっとも効果的、かつノーストレスで行うためには、3食のうち夕食を調節するのがおすすめ。

18時以降食べないダイエットが存在するように、夜遅くに食べ過ぎてはいけません。

また夜のご飯は、あまり食べ過ぎず、3食のうち、もっとも少ない量を食べるつもりで過ごしましょう。

満腹状態で睡眠をすると、消化不良を起こす可能があるので、早い時間からしっかり眠るためにも必ず守って。

一般的に「これから活動する朝昼」よりも「活動をしない夕方」の食事を控えめにすることで、太りにくくなると言われています。

そこで、夕飯のみ炭水化物や糖質を減らすなどしてみましょう。

朝昼は自由に食事のチョイスができるため、食事制限がつらく感じないはずです。

無酸素運動をする・湯船に浸かる
白湯を飲む


消費カロリーのアップに欠かせないのは、代謝を上げること。

代謝アップに向いている運動は、ジョギングなどの有酸素運動ではなく、筋トレのような無酸素運動です。

室内でできる腹筋運動等であれば、寒い季節でもできるはず。

身体を温めることも代謝アップには欠かせません。

毎日湯船に浸かり身体を温めるようにし、飲み物は、常温か温かいものをチョイス。

無駄なカロリーと糖分を摂取しない意味も込め、喉が渇いたら白湯を飲むようにして…

正月に太った分は、今リセットすれば、簡単に元の体重に戻すことができます。

つら過ぎる“ダイエット”をしたくないのであれば、少し調整をすることで、太った状態を長引かせないのがおすすめですよ。

参考まで


息スッキリ ハッピネス "気になる(ニオイ)の方に!

株式会社ムツコ

美容室iff

iff美容研究所

株式会社ムツコの宝地図セミナー

iffShop ヤフーショッピング






















この記事のみを表示する冬場の生活で注意が必要なこと!

美容・健康

冬はシャワーの温度を高く設定しがち
寒い冬は温まりたいため、ついつい熱いシャワーを利用していませんか?

高温のお湯は頭皮に必要な皮脂まで流してしまうことがあります。

これは頭皮環境を悪化させ、薄毛の原因を招きます。

シャワーの温度は38~40度ぐらいが最適。

薄毛予防のためにもシャワーの温度にも注意が必要です。

塩分の多い冬の食事
寒い冬に食べる身体を温めてくれるラーメンやおでん。

このような食事は夏に比べて味の濃い傾向にあり、塩分が多くなりがちです。

つまり。塩分が多い食事は高血圧や血管の老化を招き、血流が悪くするため頭皮や髪にも栄養が行き渡らなくなり、抜け毛や薄毛の原因になります。

塩分は食事をおいしくしてくれますが、薄毛予防のためにも過剰な摂取は控えましょう。

帽子で蒸れる
暖かい布の素材やニットの帽子など、耳まで隠すと顔周りはとても暖かく冬のおしゃれに欠かせないアイテムですね。
ですが帽子をかぶっていると頭皮に汗がかきやすくなります。

特に冬の帽子の生地は厚く、通気性も悪いため、当然頭皮は蒸れて汗と雑菌で頭皮環境はいいとは言えない状態になります。

汗などの蒸れは、抜け毛や薄毛も引き起こす原因になるため、寒くてもこまめにかぶり直す。汗をかいたら拭く等の対策が必要です。

参考まで

息スッキリ ハッピネス "気になる(ニオイ)の方に!

株式会社ムツコ

美容室iff

iff美容研究所

株式会社ムツコの宝地図セミナー

iffShop ヤフーショッピング




















この記事のみを表示する2019 “冬の抜け毛対策”!

美容・健康

冬は、気温の低下による乾燥以外にも薄毛抜け毛が多くなる季節。

冬特有の血行不良
乾燥以外に気をつけたいのは、冬の血行不良です。

寒い季節、外気温は冷たくて身体は冷えてしまいます。
すると、冷えた身体の中では体内を流れる血液も脂分や老廃物が固まってドロドロとした状態になりがち。
そんな滞った血液は、身体の中をスムーズに流れることができず、新陳代謝も低下。
全身の血行が悪くなれば、頭皮の血流も悪くなります。

必要な栄養が髪の先まで届きませんし、頭皮環境が悪化して、健康な髪が生えなくなるので、抜け毛薄毛の原因にもつながっていってしまいます。

頭皮のマッサージがおすすめです。
頭皮の皮脂は冬に増えやすい
大量に汗をかく夏に比べ、寒い冬は皮脂の量が少ないイメージはありませんか?
けれど「滞留皮脂」と呼ばれる毛穴に詰まってしまう皮脂は夏よりも冬の方が多く、冬の冷えた頭皮では毛穴から分泌された皮脂が固まりやすくなっています。

しかも、夏に比べて汗もかかないため、皮脂が毛穴の中から分泌されずにそのままになってしまうのです。
皮脂が詰まった毛穴からは、健康な髪は生えません。

参考まで

息スッキリ ハッピネス "気になる(ニオイ)の方に!

株式会社ムツコ

美容室iff

iff美容研究所

株式会社ムツコの宝地図セミナー

iffShop ヤフーショッピング