FC2ブログ
猫とワタシ

Mstyle

楽しいを選択した道

この記事のみを表示するマスクに似合う髪型!

美容

顔が大きく見える
1.png
マスクを着ける際の悩みとして挙げられるのが、顔が大きく見えてしまうこと。

特にサイズの合っていないものを着けてしまうと、顔が大きく見えやすくなります。

しかし、小顔効果のある髪型にすることで、そのお悩みを解決できます。

マスクの付け外しで髪型が崩れる
マスクは、着けたり外したりするもの。

しかし、そのつけ外しによって、きれいにセットした髪型が崩れてしまう場合があります。

セットが崩れにくい髪型を知ることが大切です。

マスク似合う髪型のポイント
すっきりしたシルエット
顔周りを大きく覆うマスク

顔周りをスッキリさせることで、小顔に見せることができます。

おすすめは、スッキリしたシルエットの髪型です。

例えば、ポニーテールやお団子などの髪型であれば髪全体が後部や上部でまとめられるため、スッキリと見えます。

崩れにくい髪型
2.png
ゆるめに仕上げる髪型は、セットが崩れやすいです。

しっかりとまとめた髪型にすることで、セットが崩れにくくなります。

また、ヘアスプレーなどを使い、崩れにくくすることもおすすめです。

ショートボブのすすめ
3.png
髪をまとめることが難しいショートやボブスタイルは、髪を耳にかけることで顔周りをスッキリさせることができます。

耳かけボブは、アレンジ次第でフェミニンにもセクシーにもできる万能な髪型のため、誰でも挑戦しやすいのが特徴です。

丸みショートで見た目すっきり
全体的にゆとりと厚みを出し、後頭部にボリュームを出した丸みショート。

ボリュームを残しつつ、襟足は軽くするため、すっきりとした見た目になります。

小顔効果もあり、輪郭にコンプレックスがある人にもおすすめです。

前下がりボブでマスクの紐を隠す
4.png
後ろは短く、前に行くにつれて長くなっていく前下りボブ。

スッキリとしたシルエットになるのはもちろん、マスク紐を隠すこともできます。

特に後頭部がすっきりとするため、輪郭付近の髪が多くても重く見えません。

ウェーブボブで崩れ知らず
5.png
ショートボブスタイルで崩れにくい髪型にしたいときには、ウェーブボブが最適です。

波のようなウェーブが特徴のウェーブボブは、スタイリングも簡単で崩れにくい髪型です。

また、髪全体に動きが出てボリュームがあるため、小顔効果もあります。

参考まで

株式会社ムツコ

美容室iff

iff美容研究所

株式会社ムツコの宝地図セミナー

iffShop ヤフーショッピング








この記事のみを表示する自宅でかんたんに出来る“頭皮デトックス”

美容

おすすめ精油(エッセンシャルオイル)で頭皮も髪も健康に、その方法はびっくりするほど簡単!
アロマオイル
・ジャンプーを丁寧にする
・時間がある時はシャンプー前に、ホットタオルを頭に巻き湯船につかる


これだけで、頭皮の皮脂や老廃物をスッキリさせることができるのです。

また、ホットタオルに精油を垂らすのもおすすめです。

アロマの香りをプラスすることで頭皮や髪の毛だけでなく全身リラックスすることもできるでしょう。

精油を選ぶ時には、お好きな香りや自分がリラックスできる香りを選ぶというのが良いでしょう。

しかし、実は精油ごとに頭皮や髪の毛に与える効果があるんです。

頭皮の血行を促進して髪の毛の成長を促進させる、頭皮の炎症を抑える、臭いを抑える、フケを予防するなど、それぞれの精油によって頭皮や髪の毛に与える効果はそれぞれ違います。

悩みに合わせた精油を選ぶと、香りが強すぎて使いにくいといったことがあるかもしれません。

その場合には、その香りと相性の良い精油を混ぜて使うことで香りが和らぎ使いやすくなることもあります。

また、混ぜて使うことでそれぞれの精油の効果を得ることもできますので一石二鳥です。

まずは精油がなくてもホットタオルがあれば始められますので、ぜひ今日からヘアデトックスを始めてみましょうべ

実はヘアデトックスは「えッ?これだけ?」と思うほど自宅でも簡単にできるんです。

まずは、シャンプーをいつもより丁寧に優しくすることです。

・シャンプー前はブラッシングをして汚れを落としやすくする
・指の腹を使い頭皮をマッサージすることを意識する
・シャンプーは頭皮に残らないよう丁寧に洗い流す


この3つのポイントを意識するだけで、頭皮の汚れもしっかり落とすことができ、ヘアデトックスとなります。

さらにシャンプー前にお湯で濡らしたホットタオルを頭に巻き付けて、湯船に20分ほどつかりましょう。

・頭皮の毛穴が開き老廃物が排出される
・熱により皮脂が取り除きやすくなる
・血行が促進され、毛根に栄養が届きやすくなる


ホットタオルを巻くことでこれらの効果を得ることができます。

ホットタオルに好きな精油を数滴垂らせば、髪の毛の悩みを改善することもでき、心もリラックスできます。

おすすめの精油は「カモミール」「イランイラン」「オレンジ」「クラリセージ」「ローズマリー・シネオール」です。

参考まで

株式会社ムツコ

美容室iff

iff美容研究所

株式会社ムツコの宝地図セミナー

iffShop ヤフーショッピング

アロマ


この記事のみを表示するマスクの時は、前髪の湿度対策を!

美容

マスクをすると前髪が崩れてしまうべ・・・なんて思ってませんか?

マスクのすき間から呼気が漏れることによって、実は前髪付近の湿度は92%まで上がることがわかっています。

髪の毛は、湿度の変化による影響を受けやすく、乾いていない部分があったり、乾いたあとに外気の温度が上昇すると、形が変わりやすくスタイリングが崩れやすくなります。

たとえば、マスクをしていて汗をかいたり、梅雨時など空気中の湿度が高くなると、元のくせやうねりが出たり、毛流が乱れ、ヘアスタイルが崩れてしまいます。

崩れを少なくするためには、髪の根元と内側をしっかり乾かしてからスタイリングをし、キープすることが大切です。

乾かし方のコツ
髪の根元と内側を「しっかり乾かしきる」ことと、最後に髪を「冷ます」ことがポイントです。

ぬれて髪が束になった状態から、さらさらになると乾いた目安です。

全体をしっかり乾かしてシルエットを整え、仕上げにドライヤーの冷風でクールダウンさせましょう。

湿度に負けない前髪スタイリング
スタイリングした前髪をキープするためにはヘアスプレーを活用しましょう。

湿気に強いタイプのスプレーを髪の内側と外側の両方に吹きかけましょう。

形を作った前髪の内側に、髪から20cm以上離したところから、均一にスプレーし、スプレーを吹きかけたあとは、すぐに動かさないようにしましょう。

参考まで

株式会社ムツコ

美容室iff

iff美容研究所

株式会社ムツコの宝地図セミナー

iffShop ヤフーショッピング






この記事のみを表示する湿気で髪が広がるのは「髪のダメージ」が原因

美容

湿度が高くなると髪が広がる一番の原因は、髪のダメージによるものです。

キューティクルがはがれている部分から、水分はどんどん浸入していきます。

その水分は、キューティクルの内側にあるコルテックス(毛皮質=線維状につながったタンパク質)にため込まれていきます。

水分をため込んだ部分が膨張し、そこから髪がうねりを起こすのです。

毛髪の1本1本が異なる形状になってしまうため、髪全体が広がることになります。

髪全体に均等に水分が吸収されれば、うねりは起きず、髪が広がることはありません。

したがって、キューティクルのはがれた部分を作らないことが重要になってきます。

ブラッシングが一番手軽なヘアケア術
髪の広がりを抑える一番手軽な方法は、ブラッシングひ「それでいいの?」と思われるかもしれませんが、効果はバツグンです。

髪をとかすという行為は、水分を髪にまんべんなく広げる役割があるのです。

手間がかからないからと、髪の広がりをスプレーなどで固めたくなりますが、髪と頭皮の健康を考えれば、こまめにブラッシングした方が良いでしょう。

ブラッシングは髪の汚れを落としたり、頭皮の血行を良くしたり、頭皮の余分な皮脂を髪にまんべんなく行き渡らせたりとメリットがあります。

梅雨時は、冷風ドライヤーで髪を乾かそう
ドライヤーは、温風ではなく冷風を使うと髪のダメージを防ぐことができます。

スタイリングだけでなく、シャンプー後のブローの時にもお試しください。

キューティクルが引き締まり、髪のツヤがアップしますよ。

ドライヤーで乾かし過ぎてしまい、かえって髪にダメージを与えることもありますから、要注意ひ“

洗い流さないトリートメント”がおすすめ
キューティクルがはがれていると、水分をためこむだけでなく、内部から潤い成分も流出してしまいます。

女性の毛髪の寿命は4~6年。

カットをしないロングヘアの人の毛先は、そのくらい長い年月、紫外線や乾燥などにさらされ、ダメージを受けています。

髪のダメージを予防するには、やはりリンスやコンディショナー、トリートメントで毛髪の外側に皮膜を作ることが必要です。

髪を紫外線などの外敵から守り、ツヤやかな髪をキープすれば、梅雨時期でも広がることはないでしょう。

日ごろからブラッシング、トリートメントなど、ヘアケアを怠ることなく続けることが大切です。

あなたにピッタリ合った、ブラッシング法とダメージを与えないブラシ。

参考まで


株式会社ムツコ

美容室iff

iff美容研究所

株式会社ムツコの宝地図セミナー

iffShop ヤフーショッピング






この記事のみを表示する髪の広がり抑えたい! 梅雨に勝つヘアケア術!

美容

髪がボワっと広がりやすくなる梅雨、ヘアスタイリングが決まらず、とても悩ましい季節です。

「どうしようもない」とあきらめている方もいると思いますが、髪が広がる原因を理解し、きちんと対処すれば防ぐことができます。

梅雨時期の髪の悩みとその対処法についてご紹介します。

梅雨時期のヘアケアのコツ
梅雨時期の髪の広がりは、どのように対処すればよいのでしょうか。

理想的な対処法は、ドライヤーを使って、髪の余分な水分を飛ばし、髪の中の水分量を適正な12~13%に維持することです。

しかし、これは常にドライヤーを持ち歩き、こまめにブローしなければならないため、現実的ではありません。

また、ドライヤーの熱で乾かし過ぎてしまい、かえって髪にダメージを与えることにもつながってしまいます。

ブラッシングが一番手軽な対処法
一番手軽な方法は、ブラッシング。

「それでいいの?」と思われるかもしれませんが、意外に効果があります。

髪をとかすという行為は、水分を髪にまんべんなく広げる役割があるのです。

手間がかからないからと、髪の広がりをスプレーなどで固めたくなりますが、髪と頭皮の健康を考えれば、こまめにブラッシングした方が良いのは言うまでもありません。

ブラッシングは、髪の汚れを落としたり、頭皮の血行を良くしたり、頭皮の余分な皮脂を髪にまんべんなく行き渡らせたりと、さまざまなメリットがあります。

ブローは冷風で
この時期、ドライヤーを使う場合は、温風ではなく冷風を使うと髪のダメージを防ぐことができます。

スタイリングだけでなく、シャンプー後のブローの時にもお試しください。

髪のツヤがアップしますよ。

トリートメントも入念に
キューティクルがはがれていると、水分をためこむだけでなく、内部から潤い成分も流出してしまいます。

女性の毛髪の寿命は4~6年。

カットをしないロングヘアの人の毛先は、そのくらい長い年月、紫外線や乾燥などにさらされ、ダメージを受けています。

髪のダメージを予防するには、やはりリンスやコンディショナー、トリートメントで毛髪の外側に皮膜を作ることが必要です。

シャンプー後に軽くタオルドライして、毛先からつけます。

なるべく頭皮につけないよう、気を付けてください。

参考まで

株式会社ムツコ

美容室iff

iff美容研究所

株式会社ムツコの宝地図セミナー

iffShop ヤフーショッピング