FC2ブログ
猫とワタシ

Mstyle

楽しいを選択した道

この記事のみを表示する帽子が「抜け毛」の原因に?

美容

夏に気をを付けたいのが、帽子をかぶることによる頭皮の「蒸れ」

日差しが強くなりにつれて、日射病対策で帽子をかぶる人が多いですが「この時期は帽子で頭皮が蒸れ蒸れになるのが困る」といった悩みを抱えてる人もいます。

実はこの「蒸れ」、不快なだけではなく「抜け毛」の原因になる恐れもあるようです。

帽子の中が「高温」「高湿度」になってしまうと、雑菌が繁殖しやすい環境になります。

・・・かといって、帽子をかぶらないでいると紫外線が頭皮や髪に直撃。

そこで、夏は通気性がよく、蒸れにくい帽子をかぶると良いでしょう。

とくにオススメしたいのは、夏の風物詩ともいえる「麦わら帽子」。

ファッション性が高いだけでなく、機能的な帽子です。

編み込まれた麦や藁の隙間から空気を通してくれます。

また、つばも広いので多く、顔に日陰を作ってくれるので、紫外線対策に最適。

その他、メッシュ地やペーパー地の帽子も通気性が良く「蒸れ」対策にオススメです。

「色」も帽子内の温度や湿度に影響しているようで、黒い帽子は紫外線対策には良いのですが、熱を吸収してしまい「蒸れ」対策にはNG。

逆に白い帽子は、日光を跳ね返し、熱がこもりにくいので、頭皮の汗の量も減り、蒸れにくくなります。

参考まで


株式会社ムツコ

美容室iff

イフ(iff)

iff美容研究所






















この記事のみを表示する梅雨のヘアケア/広がり・うねる・ぺしゃんこ!

美容

水分コントロールとダメージケアが重要!
髪の広がりやうねりなど、梅雨の時期にスタイリングがきまりにくい原因は、髪内部の成分によるもの!

髪は水分の影響を受けやすい成分(コルテックスなど)で出来ていて、湿気の多い環境では余分な水分を吸収し、硬くゴワゴワした質感になり、うねりや広がりを起こしていまうのです。

そこで大事なのは・・・
・髪の水分バランスを整えるヘアケアアイテムを使用。
・トリートメントでキューティクルが整った髪を育てる・

夜だけではなく、朝、洗い流さないトリートメントをするのも効果的です。

根本的なケアにより、髪はグンとまとまりやすくなるはず。

広がる人
髪を寝かせように上からドライヤーを。スタイリング剤はしっとり系のオイルを選びましょう。

うねる人
ドライヤーよりもアイロンがおすすめ。スタイリング剤っはしっとり系がベター。
どのタイプの人も、髪を根本から完璧に乾かしきることが大事!

乾いた、髪の中にたまった温かい空気を逃がすように、冷風ブローで仕上げるのが鉄則です!

ぺしゃんこなる人
ドライヤーは毛の流れに逆らって立ち上げるよに後ろから前へ。

ムースやワックスは使わず、スプレーやローションなど軽い質感の物がオススメ。

まとめ髪ですっきり爽やかに!
それでもおさまらない!という時は、ヘアスタイルをスッキリまとめるのも賢い手。

前髪まとめ、軽くふねってピンでとめるポンパドールスタイルや、カチューシャなどで顔周りの髪を上げるとすっきり爽やかに見えます。

参考まで


株式会社ムツコ

美容室iff

イフ(iff)

iff美容研究所























この記事のみを表示する紫外線最強は5月 うっかり日焼けにご用心!(2)

美容

ローションやパックで保湿
冷やして清潔にしたあとはとにかく保湿!

保湿効果の高いローションやクリームをたっぷり使って、保湿ケアを念入りに。

また、シートパックを使ってマスクをするのも効果的です。

ただし、水分を含ませただけのコットンやシートでパックするのは、肌から水分を奪って逆効果なので、きちんと保湿成分入りのシートパックを使ってマスクしましょう。

日焼けダーメジを見逃しがちなのが唇。

リップクリーム(モデーア)たっぷり塗り、パックするなどの保湿ケアが効果的です。

日焼けした夜は早寝
肌のターンオーバーを助けるために、早寝早起きや規則正しい生活を心がけるようにしましょう。

美白化粧品を使うタイミングは?
日焼けしたその日から、美白化粧品を使用することをおすすめします。

美白成分には、日焼けによる過剰なメラニン生成を抑制する特徴があります。

美白化粧品は、一瞬で肌を白くする魔法のようなものではなく、使い続けることが効果は期待できるものです。

肌を育てていくような意識で早めに、まだ長期的に取り組んでいくことが大事です。

参考まで


株式会社ムツコ

美容室iff

イフ(iff)

iff美容研究所























この記事のみを表示する紫外線最強は5月 うっかり日焼けにご用心!(1)

美容

うっかり日焼けをなかったことにする3つのケア
UVケアをしていても、思わぬところで日に焼けてしまうもの。

「まだ5月だから・・・。日差しが強くないから・・・」と油断すると、5月の紫外線は最強なのです。

紫外線対策が間に合わず、うっかり日焼けにご用心!

しみ対策は日焼け後24時間がカギ
「うっかり」日焼けしてしまっても、すぐにしみができるわけではありません。

紫外線を浴びると、肌の内部にあるメラノサイトでメラニン色素が作られるのですが、そのメラニン色素がターンオーバー(肌の新陳代謝)で定期的に外に排出されていれば、理論上はしみにはなりません。

しかし、何らかの理由でターンオーバー周期が長引き、メラニン色素が肌に残ったままだとしみになってしまうのです。

つまり、浴びてしまった紫外線はゼロにはできないけど、紫外線を浴びてダメージを受けた肌をできるだけ早く回復させることが大切です。

清潔にしてクールダウン
「日焼け=やけど」と考えたら、肌を冷やすのが第一です。

汗や汚れ、肌に残ったメイクや日焼け止めクリームをおクレンジングや洗顔、ボディソープなどで洗い流し、肌を清潔に保ちます。

日焼けでダメージを受けた肌を強くこするのは厳禁です。

ジェルや泡で優しく洗い流し、タオルで肌を包み込むようにして水分を拭き取ります。

肌が熱をもっているときは、火照りが収まるまで冷やし続けましょう。

参考まで


株式会社ムツコ

美容室iff

イフ(iff)

iff美容研究所
























この記事のみを表示する季節は春 元号も変わりました!

美容

思い切ってイメチェンしませんか?

どんな時にヘアスタイルを変えますか?

「タイミングがなくて、もう何年も同じスタイルのまま」「したい髪型はみつからない・・・。」「イメチェンしたいけど、似合わなかったらと思うとなかなか踏み切れない・・・」なんてお声はたくさん聞いています。

しかし、私たちの顔は日々変化していて、自分が気が付かないうちに、自分に似合う髪型も変わってきています。

髪型を変えるだけで、見た目が若々しくなったり、美人風、デキル女風、キュートな小悪魔風など・・・イメージをコントロールすることだってできちゃいます。

実際にサロンに行くと、どんなスタイルにすればいいのかよくわからなくて、つい「伸びた分を切って整えてください。」を定番オーダーしがちですよね(涙)

年齢と共ライフスタイルや髪質やフェイスラインなど、見た目も変化します。

だからこそ、その変化に合わせて自分に最も合った髪型やファッションを選ぶ必要があるんです。

TVに出ているタレントさんや女優さんの中には、年齢を重ねても魅力的な人っていまうよね。

その共通点は「上品さ」と「清潔感」

キャスターや女子アナウンサーが多く在籍する某芸能事務所では、前髪の角度まで決まっているそうです。

それほどヘアスタイルが周囲に与える印象は大きくということですよね。

どんなヘアスタイルが似合うか?分からない!なんてお困りの際はご相談ください。

あなたにピッタリのヘアスタイルをご提案させていただきます。


参考まで


株式会社ムツコ

美容室iff

イフ(iff)

iff美容研究所