猫とワタシ

Mstyle

楽しいを選択した道

この記事のみを表示するこれでスッキリ「捨てる技術」「捨てるメリット」

豆知識

いらない物を家の中から取り除けば、生活は驚くほど変わります。

1、必要な物が見極められる!
2、気持ちが整理できる!
3、暮らしが気持ちよくまわる!

捨てることで生活を好循環に
暮らしは、物が入ってきて、どんどん使って使い切って出していく循環系なのです。

ちょうど人間の身体と同じです。

しっかり食べて、どんどん活動して、トイレではしっかり出す。

そして、この循環がうまくいっている身体は、自分でも「毎日、気持ちいいなぁ」と思えるもの。

ただ物を減らすために捨てるのではなく、暮らしを気持ちよくまわすために捨てる、と考えてみてください。

実践する前に!捨て上手になれる4ヶ条
1、「これ便利よ」といただいた調理器具が、置きっぱなしになっていませんか。

人はそれぞれ料理の仕方も違うもの。自分にとって使いやすい物がいい物です。

使いにくい物、好きではない物は追い出しましょう。

2、「もったいない」で封印しない
勿体(もったい)とは物の本質のこと。「使っていかされること」です。

使ってもいない物を何年もていねいにに収納していても、それは物を粗末にしている=勿体 なくしているのと同じことなのです。

3、これは捨てられないかと考える
「いるかな」と考えると、なんでもいる物に見えてきます。「いらないのでは」という目で見るだけで「もう3年も使っていないし」「あることを忘れていたし」と、物と自分との関係が切れていることに気づけるでしょう。

4、「捨てなけらばよかった」を恐れない
「捨ててもいいかな」と思える物は、実際に捨ててしまっても、本当に困ることはありません。

「あれば使えたのに」程度は、失敗ではないのです。

「捨てなければよかった」を恐れすぎると、物は溜まっていく一方です。

家を風通しよく、すっきりした空間に
暮らしは、いつも動いています。

家族でお茶を飲むためにカップを取り出して、使い終わったら洗って元に戻し・・・・・

そうやって物は暮らしの中でもぐるぐるとまわっています。

そして、カップを割ってしまったら「ごめんね」と捨てて、新しいカップを買う。

外から取り入れて外に出していく、といったオープンは循環もしているのです。

ですから、捨てることだけ取り出しても、暮らしは気持ちよくなりません。

捨てることを嫌がって物を溜め込みながら、買うことだけ、使うことだけを大切にしていても暮らしはいつか行き詰まります。

暮らしをうまくまわすことで、あなたの毎日は快適に、心地よいものへと変化していくことでしょう。


参考まで



株式会社ムツコ

美容室iff

イフ(iff)

iff美容研究所






















関連記事

この記事のみを表示する汗が薄毛を進行?猛暑を乗りきるヘアケア

美容・健康

暑い夏、汗をかきやすい女性は薄毛・抜け毛を進行させる可能性が高いことをご存知でしょうかあ?

「えっ!毛穴から汗が出て、髪が抜けてしまうの!?」

汗は毛穴から出ない!

ヒトは汗をかくことで体温を一定に保っています。

当然、頭皮からも汗が出ます。

汗は毛穴から出ているわけではなく、汗孔という別の場所から出ています。

よく「脂っこいものを食べると、毛穴から脂汗がでる」と言われますが、これはウソ。

汗は汗孔から、皮脂は毛穴からでます。

毛穴と汗孔の違いについて
汗孔は毛穴よりも高い位置(皮丘)にあるため、汗は毛穴に向かって流れて、毛穴にどんどんたまっていきます。

皮膚表面の角質層が汗でふやけて汗孔や毛穴をふさぎ、汗が皮膚の表面に出にくくなって、皮膚の中にたまってしまいます。

それが原因で皮膚の内部で炎症を起こし、湿疹やかゆみを引き起こす原因となります。

これらの症状は、ふやけた角質層を水で洗い流すことで予防できます。

皮膚は正常な場合、ph5.2~5.8の弱酸性に保たれていて、細菌や真菌、緑膿菌などの繁殖を防いでいます。

汗をかくことで酸性が薄まり、菌が繁殖しやすい環境になります。

また、汗は水溶性ですが、毛穴から出た皮脂と混ざり合い、水分のみが蒸発して脂性の汚れに変化します。

さらに、ほこりなどと混ざり合って酸化して固くなり、角栓様物質に変化して毛穴が詰まってしまいます。

すると皮脂が毛穴にたまり、抜け毛・薄毛の原因となる、頭皮トラブルを引き起こします。

このように、汗が薄毛を進行させる可能性が高い理由は、汗によって頭皮が炎症を起こしたり、菌が繁殖したりして、抜け毛を引き起こす原因となっているというわけです。

汗と一緒に毛髪がするっと抜けるわけではありません。

頭皮のにおい、汗のせいではない!?
汗をかくと、頭皮のにおいが気になる女性も多いことと思います。

汗そのものがにおうわけではなく、皮脂が細菌により分解されて、においを発しています。

頭皮には、皮脂が出る皮脂腺が多いのが原因です。

1平方センチメートル当たり、頭皮は144~192個、小鼻は96~102個、わきの下は19~55個といわれています。

頭皮には小鼻の1.5~2倍もの皮脂腺があるのですから、においが気になるのは当然ですね。

また、頭皮は外気にさらされていて、太陽光線に当たって酸化することで、においが倍増します。

とはいえ、ヒトは汗をかいて体温を調整するため、汗が出るのは仕方がないこと。

大切なのは、汗をかいた後の対処です。

抜け毛・薄毛・頭皮トラブル・においの予防に、ヘッドスパをおすすめします。

一度完全に汚れを落とし、健康な頭皮で暑い夏を乗り切りましょう。


参考まで



株式会社ムツコ

美容室iff

イフ(iff)

iff美容研究所
























関連記事

この記事のみを表示する気をつけようペットの熱中

豆知識

犬や猫は、汗腺の裏の肉球など限られた部位にしかないため、人間のように全身で汗をかくことができません。

熱が体にこもりやすく体温調節が苦手なので、熱中症のリスクも大きくなります。

犬のお散歩タイムに注意
夏場は早朝か深夜など、必ず涼しい時間帯を選んで、夜でも風のない熱帯夜などは地面に熱気が残っていることもあります。

散歩に行く際は実際にアスファルトを触って熱さを確認するように。

靴を履いている人間と違い、犬は直接その上を歩くのですから。

猫は多少暑さには強いようですが、多湿は苦手。

猫は暑さを感じたら他の場所に移動しようとしますが、猫が好むのは「高い場所」

部屋の上部が熱気がたまって、暑くなりやすいです。

棚の上など猫がよくのぼる場所に、通気性のよい素材やひんやりした素材のマットを敷いたり、熱気たまらないように扇風機などで空気を循環させるのも有効です。

犬も猫も同様に、老齢化すると体温調節が苦手になるので注意して下さい。

「苦しそうに呼吸している」「ぐったりしている」などのサインが見られてら。受診するようにしましょう。


参考まで



株式会社ムツコ

美容室iff

イフ(iff)

iff美容研究所
























関連記事

この記事のみを表示する夏こそ飲みたい「甘酒」で夏バテ防止

健康

甘酒と言えば、寒い冬に温めて飲むものだと思っていませんか?

実は江戸時代の頃、甘酒は夏場の飲み物として飲まれていたんです。

甘酒は、ブドウ糖やアミノ酸、ビタミン、ミネラルなどが豊富で消化・吸収もよいので「飲む点滴」と呼ばれるほど。

飲みやすく手軽に栄養補給できる甘酒は、夏バテの予防・解消にもってこいの飲み物です。

甘酒のうれしい効果
美白効果
甘酒の材料でもある麹には、シミや美白に効果的なコウジ酸が豊富に含まれています。

これがシミの原因となる過剰なメラニン成分を抑えてシミやくすみを防いでくれる効果があります。

紫外線ダメージからお肌を守る
パントテン酸がビタミンCの働きを助けることでコラーゲンの生成が促され、紫外線ダメージからお肌を守ってくれます。

ダイエット効果
オリゴ糖が腸内環境を整えてくれるので、便秘解消効果が。また、脂質の代謝を促進するビタミンB群が豊富に含まれ、脂肪が燃焼しやすくなるのでダイエットにも効果的です。

暑い時は炭酸や牛乳で割ると飲みやすい
冷たくした甘酒でも、暑いときには甘みが強すぎると感じられるかもしれません。

そんな時は炭酸で割るのもいいですし、牛乳や豆乳、果汁ともよくあいます。

冷房で体が冷えてしまうときは、熱くした甘酒にしょうがを入れて飲むのもおすすめです。

夏バテぎみで食欲がないときも、冷やした甘酒ならおいしく飲めそう。

ヘルシーな甘酒で、暑い夏を元気に乗り切りましょう。


参考まで



株式会社ムツコ

美容室iff

イフ(iff)

iff美容研究所



























関連記事

この記事のみを表示する夏だけど「冷え性対策」

美容・健康

ここをチェック!
1、顔や上半身がほてり、腰から下が冷たい場合は「冷えのぼせ」といって、典型的な体の内側の冷えを示す症状。

2、手足だけではなく、下腹部や腰に手を当ててみる。冷たければ「冷え」の微候

3、向こうずねを軽く押して、痛みやむくみを感じたら、体の水分代謝が滞って内部が冷えている知らせ。大汗をかいたりする場合を要注意。

冷えることで起こる{むくみ}
体の中の水分の流れ、代謝が悪くなり、血液中の水分が血管やリンパ管の外にしみ出て、皮膚に下にたまっている状態が{むくみ}。

体が冷やされると血液の循環が悪くなって、いっそうむくんでしまいます。

代謝が悪いと体内に尿酸などの老廃物もたまりやすくなり、臓器にも悪影響がでることも。

その日の「冷え」はその日のうちにに解消することが大切。

体の中から温める
体を芯から温める「温」の食材をとる。

唐辛子、にんにく、しょうが、ねぎ類など。

血管を広げ、血行をよくするビタミンEは、体内のホルモンバランスを調整する働きがあり、ビタミンCは毛細血管を強化、自律神経の乱れによる血管の収縮を緩和。

体内に効率よく熱を生み出す助けになるのがビタミンB群。

体の外から温める
ゆっくりぬる目のお湯につかる。

よい眠りに誘う効果もあります。

足は上半身に比べ10度も温度が低いため、入浴後はマッサージやツボを押すなど、血行をよくします。

また、腹部や腰にはインスタントカイロを貼り、温かな靴下を履くと効果テキメン!


参考まで



株式会社ムツコ

美容室iff

イフ(iff)

iff美容研究所

























関連記事